ギャラリー

¥€$U$_pawel_jaszczuk_06

パヴェウ・ヤシュチュク Paweł Jaszczuk <¥€$U$(ジーザス)>

パヴェウ・ヤシュチュク Paweł Jaszczuk:ワルシャワ出身。オーストラリア・シドニー留学を経て、2004年ー2012年まで日本に滞在、現在はワルシャワ在住。東京での一連の活動は「Salaryman」(モレルブックス/イギリス)、「Kinky City」(Dienacht Publishing/ドイツ)、「Everything you do is a balloon」(Lieutenant Willsdorff出版/フランス)で見ることができる。

故郷に戻ってからの新しいシリーズ<¥€$U$(ジーザス)>では最も”ポーランド”なテーマ=イエス・キリストに取り組んだ。カトリック国家ともいえるポーランドは国民の90%以上がカトリック教徒といわれているが、このシリーズでは宗教観を問いているのではない。

¥€$U$_pawel_jaszczuk_15

偶然見つけた十字のポケットナイフが最初の一連のシリーズ作成のインスピレーションのきっかけに。

ジーザス、マリアーー宗教的なシンボルを施した様々なアイテム。そこには、精神的に”商業”が混在し「¥€$U$」というタイトルロゴで完全に表現されている。パヴェウは、数年間かけて世界中のeBay、Etsyや他オンラインショップを通じて、ジーザスに纏わるアイテム、とりわけグロテスクなものを買い集めていく。現代のポップカルチャーにおけるキリストを表現することで、積極的な資本主義の時代に「神聖なアイコン」の意味する疑問を提起。世界における宗教と資本主義の超現実的な結婚ーシュールな世界をつくりだしている。

現在ワルシャワのライカギャラリーにて個展「¥€$U$」が2017年12月3日まで開催中。

Paweł Jaszczuk「¥€$U$
開催期間:2017年10月28日〜12月3日(月〜土10:00-20:00 / 日12:00-18:00)
Leica 6×7 Gallery Warsaw 
Mysia 3 Street, 2nd floor
入場無料

more info http://paweljaszczuk.com
http://warsaw.leica-gallery.pl


weronika00

ヴェロニカ・ゲンシツカ WERONIKA GĘSICKA

ヴェロニカ・ゲンシツカ WERONIKA GĘSICKA:1984年ヴウォツワヴェク(Włocławek)出身。ワルシャワ在住。写真家・アーティスト。ヴェロニカはワルシャワの芸術アカデミーのグラフィックを専攻し、同時にワルシャワの写真アカデミーを卒業。

<Traces /痕跡>シリーズでは、1950年から60年代にかけてのアメリカの匿名のアーカイブ写真を歪ませることによって超現実的で不安定なイメージをつくりだした。 続きを読む


agata-kus

アガタ・クス Agata Kus

Agata Kus   アガタ・クス:1987年、クロスノ生まれ。クラクフ在住。クラクフの美術アカデミーの絵画学科にて博士課程を卒業後、2010年から2014年までポーランドの現代美術家Paulina Ołowskaのプライベートスタジオにてアシスタントを務める。ペインティング、ドローイング、ビデオの分野で活動。2015年、ブロツワフの国際メディアアートビエンナーレにて最優秀賞を含めた数多くの賞を受賞。 続きを読む


IMG_3481 (1)

Karina Krølak カリーナ クロラックのジュエリーでもっと自由に

カリーナ クロラック(Karina Krølak)のジュエリーを身につけると気持ちが浮き立つ。単にユニーク・キッチュといったカテゴリに収まらない存在感は、まるで身につけるアート。彼女自身のパーソナルな魅力と相まって、彼女のジュエリーにはハッピーになる不思議な軽やかさがあるのです。

続きを読む


mainag

アンナ・グジェレヴスカ Anna Grzelewska 娘ユリアを被写体にした “Julia Wannabe(ユリア ワナビー)”

 アンナ・グジェレヴスカ  Anna Grzelewska:ワルシャワ出身・在住。写真家・ドキュメンタリー映画ディレクター。アンナはアンジェイ・ワイダの映画学校にてドキュメンタリーを学び、ワルシャワ大学で人類学を学んだ経歴をもつ写真家。彼女の娘ユリアを被写体にした「Julia Wannabe(ユリア ワナビー)」と題したプロジェクトは2006年より続いている(また今後も続いていく)。このシリーズでの目的は女の子が女に変わっていく瞬間に近づくこと。 続きを読む


Ryszard Kaja

ポスターで旅するポーランド リシャルド・カヤ

世界に誇れるポスター文化が根付いたポーランドでは街を歩けばモダンなグラフィックに惹かれて立ち止まることも多い 。演劇や映画など芸術関連のポスターが多いなか、リシャルド・カヤ(Ryszard Kaja)の”ポーランド観光シリーズ”はどれも集めたくなるものばかり。 続きを読む