ギャラリー

weronika00

ヴェロニカ・ゲンシツカ WERONIKA GĘSICKA

ヴェロニカ・ゲンシツカ WERONIKA GĘSICKA:1984年ヴウォツワヴェク(Włocławek)出身。ワルシャワ在住。写真家・アーティスト。ヴェロニカはワルシャワの芸術アカデミーのグラフィックを専攻し、同時にワルシャワの写真アカデミーを卒業。

<Traces /痕跡>シリーズでは、1950年から60年代にかけてのアメリカの匿名のアーカイブ写真を歪ませることによって超現実的で不安定なイメージをつくりだした。

写真はどのように過去を操作するのか、過去から物事を知覚する方法と、これらの記憶が時間とともにどのように進化するのかに焦点をあてている。匿名のストック写真に注目し、歴史が現在と混じり合うことで再解釈する。タイトルの<Traces /痕跡>とは「何かが存在した、もしくは起こったことを示すあとー兆候」。この痕跡は、作品の基礎となったアーカイブ写真であり、もう一方で、これらの写真を改ざんすることで彼女が残す痕跡でもある。

Tracesシリーズの一番最初の作品。女の子が男の子の肩の上に座りることで女の子をより支配的にすることで、新しい意味を与えた。all images / WERONIKA GĘSICKA

Tracesシリーズの一番最初の作品。女の子が男の子の肩の上に座り、男の子の顔はけされることで、女の子がより支配的な存在になり新しい意味を与えている。all images / WERONIKA GĘSICKA


半世紀前のアーカイブ写真をみると、完璧な家族やカップルの写真を見ることができる。たとえば、男性は仕事から戻り、ディナーはすでに用意され、子供たちは礼儀正しく、家庭での女性は完璧に見える。彼女はそのイメージを意図的に台無しにし、再編成することでステレオタイプを打破する。more info


agata-kus

アガタ・クス Agata Kus

Agata Kus   アガタ・クス:1987年、クロスノ生まれ。クラクフ在住。クラクフの美術アカデミーの絵画学科にて博士課程を卒業後、2010年から2014年までポーランドの現代美術家Paulina Ołowskaのプライベートスタジオにてアシスタントを務める。ペインティング、ドローイング、ビデオの分野で活動。2015年、ブロツワフの国際メディアアートビエンナーレにて最優秀賞を含めた数多くの賞を受賞。 続きを読む


IMG_3481 (1)

Karina Krølak カリーナ クロラックのジュエリーでもっと自由に

カリーナ クロラック(Karina Krølak)のジュエリーを身につけると気持ちが浮き立つ。単にユニーク・キッチュといったカテゴリに収まらない存在感は、まるで身につけるアート。彼女自身のパーソナルな魅力と相まって、彼女のジュエリーにはハッピーになる不思議な軽やかさがあるのです。

続きを読む


mainag

アンナ・グジェレヴスカ Anna Grzelewska 娘ユリアを被写体にした “Julia Wannabe(ユリア ワナビー)”

 アンナ・グジェレヴスカ  Anna Grzelewska:ワルシャワ出身・在住。写真家・ドキュメンタリー映画ディレクター。アンナはアンジェイ・ワイダの映画学校にてドキュメンタリーを学び、ワルシャワ大学で人類学を学んだ経歴をもつ写真家。彼女の娘ユリアを被写体にした「Julia Wannabe(ユリア ワナビー)」と題したプロジェクトは2006年より続いている(また今後も続いていく)。このシリーズでの目的は女の子が女に変わっていく瞬間に近づくこと。 続きを読む


Ryszard Kaja

ポスターで旅するポーランド リシャルド・カヤ

世界に誇れるポスター文化が根付いたポーランドでは街を歩けばモダンなグラフィックに惹かれて立ち止まることも多い 。演劇や映画など芸術関連のポスターが多いなか、リシャルド・カヤ(Ryszard Kaja)の”ポーランド観光シリーズ”はどれも集めたくなるものばかり。 続きを読む


aleksandratop

Aleksandra Waliszewska

アレクサンドラ・ヴァリシェフスカ Aleksandra Waliszewska :1976年、ポーランド・ワルシャワ生まれ :絵画・デッサン・版画・イラストレーション :可憐な少女、不気味な少女、野生の動物や悪魔のような生き物。幻想的なファンタジーとホラーコミック。性犯罪への嫌悪も感じる。ポーランド国内だけでなくヨーロッパでも多く評価されカルト的人気をもつアーティスト。
>>> waliszewska