kacperbook

カツペル・コヴァルスキ Kasper Kowalski 空中写真「Side Effects」

ポーランドの本や写真集、印刷や紙にこだわりクオリティが非常に高いものが多いです。ライカ・ストア・ワルシャワは昨年、セントラル(街の中央)の大型セレクトショップMYSIA 3に場所を移し、ライカ・ギャラリー・ワルシャワも併設。ギャラリーでは写真集の企画・出版から、国内外で活躍するポーランド出身の写真家による個展開催等に力を入れてきています。

今年一番に発売されたのは、パイロットでもある空中写真家、カツペル・コヴァルスキ(Kacper Kowalski)「Side Effects / Efekty Uboczne」。鳥のように空中を飛びながら写し出された風景は 、まるで絵画のように美しい色や形をみせてくれます。そして更に注意深く観察すると、そこには人間が生み出した文明と自然との関係で引き起こされた“副作用”を新たな視点で伝えているように思えます。

写真は全てポーランドの上空から。1977年生まれのカツペル・コヴァルスキは世界の空中写真家のなかでも最も注目されている写真家のひとり。この写真集は彼の初めての本となります

“Side Effects” – photo book
project curator: Agnieszka Jacobson-Cielecka
graphic design: Edgar Bąk
publisher: Rafał Łochowski
first edition, Warsaw 2014

size: 33.5 x 23 cm
no. of Pages: 132
language: English + Polish
edition: 1000
cover: hard
Leica STORE
Leica Gallery Warsaw