カテゴリー別アーカイブ: in JAPAN

©2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』:ワルシャワ動物園の知られざる実話

人間は危機に瀕したときほど品性が見えるものだ。自らの命の危険を顧みず、他人の命を救おうとする行為はとりわけ廉潔で称賛に値する。ポーランドに関わる人物では、オスカー・シンドラーや杉原千畝が思い浮かぶ。正義感、人道意識、人類愛など彼らの行為を表現できる言葉はいくらでも浮かぶが、きっともっとも深いところで彼らに共通しているのは、共感力だろう。きっと、世界各地で分断や対立が激化する今の時代に最も必要なのは、自分と全く違う考え、異なる文化背景を持つ人の気持ちを想像することなのだ。

 ゲットーから約300名もの命を救い、ワルシャワ動物園に匿う

実は、ドイツ占領下のワルシャワにも、勇気ある行動で多くの人命を救った人々がいたという。映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』は、第二次世界大戦中にゲットーから約300人を救い出し、自らの敷地であるワルシャワ動物園内に匿っていたというヤンとアントニーナのジャピンスカ夫婦の実話がベースになっている。

©2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

©2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

主演のジェシカ・チャステインは「アントニーナはありきたりの女性だった。でも、彼女は人の予想を超えて、見知らぬ人達に扉を開けた」と語っているが、そこにこそ本作が紡ぎ出す大きな希望がある。彼女たちが行ったことは誰にでもできることではない。だが、心に従い行動することができる人は確かにいるということを感じさせてくれるのだ。世界は今、とても混乱している。だが、それでもこの世の中は捨てたものじゃないと気づかせるメッセージが感じられるのだ。

©2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

©2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

もちろん戦時中の物語だけに、人間が犯す大きな罪を示唆する表現もある。ただそれ以上に、人が危機的状況においても、見ず知らずの他人に対してさえ、勇敢で、愛情深くいられるかを強調しているところが印象的だ。人が人の命を奪う狂気があふれるさなかですら、自己を失わず凛と生きた人間たちの姿を見ていると、人を人たらしめているもの、そしてそれが放つ確かな光を感じることができる。

 愛・思いやり・他者への共感を力にして平和的に戦う女性たち

そして、本作には大きな意義がもうひとつ。それは女性たちの強さ、勇気、愛を描いていることだ。これは、一人の女性の成長物語でもある。何事もなかった時には、夫に従うことで何不自由なく暮らしてきた妻が、自らの強い意志で決断する必要に迫られることで、人間としての強さを花開かせていくのだ。舞台となった1930年代当時は、女性の地位は決して高くはなかった。そんな時代にも力を発揮した女性がいることは、現代においてもなお差別や虐待で不自由な思いをしている人々への力強いメッセージとなるだろう。

©2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

©2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

この映画が生まれたハリウッドは今、セクシャル・ハラスメント問題に揺れている。これまで重大な問題を見て見ぬふりをしてきた代償は大きく、アメリカ全土を巻き込み、今や世界に影響が広がりつつある。被害者たちが団結し声を上げることを可能にしたのは、「#MeToo」のムーブメントでも知られるようにSNSだ。男性たち、権力者たちの多くが暴力で人をねじ伏せてきたのに対し、女性を主とする被害者たちは言葉と団結、他者への共感を力にして平和的に戦いを始めた。この映画ではアントニーナが、女性には女性ならではの戦い方があるということを教えてくれている。それは誰もが、自分らしく強くなることはできると教えてくれており、まさに今日にも繫がる普遍的なテーマなのだ。ジェシカはこうも言っている。「彼女は愛と思いやりをツールにして戦ったの」。命を生み出す性である女性ならではの母性的発想が、この世界には必要なのかもしれない。

©2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

©2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

先日、ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロがインタビューでこう語っていた。「小説とは、感情を共有することだ」と。きっと、映画も同じ力を持っている。本作を観ていると、そう確信することができる。そして、私たちはどこまで他者を思いやる気持ちを持てるのだろうかと。それを探るためにも、アントニーナが導く“共感”と“愛”の旅へ、あなたも出てかけてみてはいかがだろうか。text : June Makiguchi

:牧口じゅん(June Makiguchi)
映画ライター。共同通信社、映画祭事務局、雑誌編集を経て独立。ファッションや食、旅、音楽などライフスタイルにまつわる話題を盛り込んだ映画コラム、インタビュー記事を女性誌、男性誌、WEBマガジンにて執筆中。

『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』
http://zookeepers-wife.jp/
2017年12月15日(金)より、TOHO シネマズ みゆき座ほかにて公開
監督:ニキ・カーロ
脚本:アンジェラ・ワークマン
出演:ジェシカ・チャステイン、ヨハン・ヘルデンベルグ、マイケル・マケルハットン、ダニエル・ブリュール
原題:The Zookeeper’s Wife

:ヤンとアントニーナのジャピンスカ夫婦が暮らした家(ヴィラ ジャピンスキ Willa Żabińskich)は現在でもワルシャワ動物園の敷地にあり、博物館として公開されている。通常は予約してガイド付きで見学が可能。毎月第一日曜の11時と13時は予約なしで訪問することができる。詳細は、ワルシャワ動物園の公式サイト内(英語あり)のTHE VILLAへ http://zoo.waw.pl/en/


imamuraryosuke

今村遼佑「くちなしとジャスミンのあいだに」

現代美術作家の今村遼佑さんは2016年夏から1年間、ポーラ美術振興財団の助成を受けてワルシャワに滞在。滞在中は国際的に活躍するポーランド作家のミロウワフ・バウカ(Mirosław Bałka)のゼミに通いグループ展に参加したり、ワルシャワ美術アカデミーの学生とのワークショップや、Arman Galstyan Galleryで二人展を行うなどしてきた。

今回、帰国後初となる個展「くちなしとジャスミンのあいだに」が京都にて12月12日(火)から17日(日)まで開催。個人、他者、環境をめぐる感覚と記憶をテーマにワルシャワ滞在中に制作された映像等をくみあわせたインスタレーションが展開される。

ワルシャワの街の香水屋を訪れ、ジャスミンの匂いの香水を集めていく映像。2017年5月Arman Galstyan Galleryでの展示風景より。©️Ryosuke Imamura

ワルシャワの街の香水屋を訪れ、ジャスミンの匂いの香水を集めていく映像。2017年5月Arman Galstyan Galleryでの展示風景より。©Ryosuke Imamura

前回の個展「降り落ちるものを」(2016)で登場したのは”沈丁花の匂い”。季節は夏になり、場所はポーランドにうつった。くちなしの匂いが好きだという今村さんは「ジャスミンの匂いがくちなしの匂いに似ていること、その匂いから想像するものは現地の知人たちとの間に差はあるが、しかしその違いを含みながらも、何かを共有できた気がした」という。そこから発想を得て制作した映像では、今村さんがまるで蜂のように、ジャスミンの香水を求めてワルシャワ中の香水屋を渡り歩いていく。

自身が映像出演するという作品はいままでになかった。これに至ったのは、ウジャドゥスキー城現代美術センターでのワークショップと展示で自己のパフォーマンスが求められたり、バウカのゼミでの課題のプレゼンテーションでもある種のパフォーマンスを実施するなどといった、ポーランド滞在中での活動経験が影響しているという。

ワルシャワの街のネオンサインを撮り集め、コラージュのように文字を再構成したテキスト。様々なものの合間にある境界の曖昧さについて語る。©Ryosuke Imamura

ワルシャワの街のネオンサインを撮り集め、コラージュのように文字を再構成したテキスト。様々なものの合間にある境界の曖昧さについて語る。©Ryosuke Imamura

もうひとつの映像ではワルシャワの街の中のネオンが登場する。今までにも「辞書と街灯」 、「森と街灯」といった作品があるように、街灯は今村さんの作品に欠かせないモチーフのひとつ。ここでは、ワルシャワの街中にあるネオンと街灯がキャストとなる。

戦争中にほぼ完全に破壊されたワルシャワ。戦後共産主義時代に広告規制が厳しいなか、グレーの街並みのなかでネオンだけが色鮮やかだったといわれ、50年代から70年代は「ネオンライトの黄金時代」と呼ばれる。90年代に入り民主化とともに、ネオンサインは終息を迎えることになるが、21世紀になってから、アヴァンギャルドなネオンサインの美しさが見直される。そして現代のワルシャワの街中ではネオンサインのデザインが復刻、あるいは修復され、古いネオンは美術館へ収集されるようになっている。

2017年5月Arman Galstyan Galleryでの展示風景より。©Ryosuke Imamura

2017年5月Arman Galstyan Galleryでの展示風景より。©Ryosuke Imamura

今村さんは、ワルシャワの夜の街を歩きながらネオンサインに惹かれ、街中のネオンの写真を撮り集める。そしてコラージュのように文字を再構成し、モノローグのようなテキストが映像の中に浮かびあがる。

会場では実際に映像の中で集められた香水が散布され、空間に入ってきた観客は、匂いをまず感じながら、その中で作品を見始めることになるという。これは<嗅覚により他者と共有できるもの>をベースにしながら作品を鑑賞するという形を意図しているもの。会場に実際に訪れたひとだけに残る感覚や匂い、それらの体験は記憶となり、何気ない日常に不思議な感情を呼び起こしてくれるものになるに違いない。

今村遼佑「くちなしとジャスミンのあいだに」
場所:アートスペース虹
期間:2017年12月12日(火)~17日(日)
開廊時間:11:00 〜 19:00 (最終日は18:00まで)
所在地:京都市東山区三条通神宮道東入ル東町247

今村遼佑(Ryosuke Imamura)
1982年京都府生まれ。現代美術家。more info


polishfilm2017_01

名作から新作まで。今年も注目作が勢ぞろい「ポーランド映画祭2017」開催!

6年目を迎えるポーランド映画祭。今年は開催場所が東京都写真美術館ホールになり、巨匠たちの傑作から若手作家の最新作まで映画祭史上最大の作品数となり魅力的なラインナップが揃っています。

top photo :『アート・オブ・ラビング』©TVNSA,Orange Polska SA,Next Film,Plast Service Pack

ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督が亡くなってから1年。追悼の意を込めて遺作を含む3作品、『コルチャック先生』『カティンの森』『残像』が上映されます。また、“ポーランド派”の中でも異色の存在として知られるカヴァレロヴィッチ監督の没後10年追悼記念として『夜行列車』を含む4作品がデジタル・リマスター版で上映されます。

『夜行列車』イエジー・カヴァレロヴィッチ監督没後10年を記念してデジタル・リマスター版で上映される。

『夜行列車』イエジー・カヴァレロヴィッチ監督没後10年を記念してデジタル・リマスター版で上映される。

 ボグダン・ジヴォルスキの傑作ドキュメンタリー


これまで日本では紹介されていなかったドキュメンタリー作家ボグダン・ジヴォルスキの短編ドキュメンタリーがはじめて紹介されます。ニュース映画の撮影技師からキャリアをスタートし、スポーツ競技等のドキュメンタリーを監督し世界的な評価を得たジヴォルスキは劇映画の撮影監督としても成功をおさめました。12月2日16:00と、12月12日19:00の回にて彼の代表作5つの短編が5作品同時上映されます。

画家ベクシンスキー特集

昨年見逃した方にぜひ見てもらいたいのが、カルト的人気を誇る画家ベクシンスキー(1929ー2005)の実話を基に描かれた衝撃作『最後の家族』(ヤン・P・マトゥシンスキ監督/2016)。また、ベクシンスキーと息子トメックの複雑な関係を描いたドキュメンタリー『ベクシンスキー家の人々・映像と音声のアルバム』(マルチン・ボルハルト監督/2017)が日本初公開。ベクシンスキー家所蔵の未公開音声・映像・画像によって詳細に再現されています。

ポーランド映画の最前線

ポーランド本国で話題をよんだ最新作のなかから、日本未公開作品を紹介する《ポーリッシュ・シネマ・ナウ!》。31歳新鋭監督の衝撃作『 プレイグラウンド』(バルトシュ・M・コヴァルスキ監督/2016)では、10代の主人公たちが過ごす一日を通して暴力のメカニズムと悪の根源を問いかけます。

『アート・オブ・ラビング』(マリア・サドフスカ監督/2017)では、70年代の社会主義政権下のポーランドで700万部のベストセラーを記録した大人の性教育書、著者のミハリナが厳しい検閲と闘いながら出版するまでの長い闘いの物語を描いています。

ほか「アウシュヴィッツの聖者」と呼ばれたカトリック司祭マクシミリアン・コルベの数奇な運命を、記録映像と再現映像を組み合わせた ドキュ=フィクションの手法で映画化した『二つの冠』(ミハウ・コンドラト監督/2017)など見逃せない作品群が揃っています。

また、11月はポーランド文化を身近に感じられるフェアが都内各所で開催。音楽イベントやブックフェア等ぜひこの時期をお見逃しなく!(イベント詳細は映画祭ウェブサイト内<チラシPDFダウンロード>をご覧ください)

:ポーランド映画祭2017
監修/イエジー・スコリモフスキ監督
2017年11月25日(土)から12月15日(金)までの3週間限定
東京都写真美術館ホールにて開催!
(11月27日、12月4日、12月11日は休館のため上映なし。12月3日は休映)
www.polandfilmfes.com


posterdesign

日本初・ロマン・チェシレヴィチの作品を一挙公開<鏡像への狂気>ギンザ・グラフィック・ギャラリー

ポーランドを代表するグラフィックデザイナー、ロマン・チェシレヴィチ(Roman Cieślewicz)。前衛的なグラフィックデザインの世界を切り開き、21世紀への引き金になった実験精神あふれる作品を一挙公開する<ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気>が5月15日(月)よりギンザ・グラフィック・ギャラリーにて開催される。 続きを読む


ZBIGNIEW CYBULSKI

追悼アンジェイ・ワイダ監督特集「ポーランド映画祭2016」開催!

先月、10月9日、“ポーランド映画の父”と呼ばれるアンジェイ・ワイダ監督の訃報が伝えられポーランド映画界のみならず、世界各国で深い悲しみにつつまれました。5年目を迎える「ポーランド映画祭2016」では急遽プログラムを変更、開催期間も1週間延長し、《追悼アンジェイ・ワイダ監督特集》としてアンジェイ・ワイダ監督の代表作10作品の上映と、監督の影響を受けて育った若手監督の最新作のあわせて17作品が上映されます。 続きを読む


lrs_nero_2

ワルシャワ発・グリナシュ スタジオ(Grynasz Studio )による 職人×デザイナー Elements展 Tokyo Design Week 2016

東京デザインウィークのメインテント・Creative Life内にてポーランドのデザインスタジオによる展示会、《”Elements”  an exhibition of Grynasz Studio design》が11月2日~7日まで開催されます。 続きを読む


11minutes main

Interview:『イレブン・ミニッツ』イエジー・スコリモフスキ(Jerzy Skolimowski)監督

役を得るためにセクハラまがいの監督に会いに行く女優と、彼女を引き留める嫉妬深い夫。若い娘を相手に問題を起こし、刑務所から出所したばかりの父親と、結婚間近の薬物中毒の息子。質屋強盗をもくろみ、失敗した少年。川沿いで絵を描く老人。その多くが空に目撃した、謎の黒い点の正体は……。 続きを読む


SAWREN

ポーランドランジェリーのセレクトショップ 「kobieta(コビエタ)」が銀座にオープン!

2016年3月31日にオープンしたばかりの銀座最大級の商業施設「東急プラザ銀座」。なかでも話題のファッションのセレクトストア「HINKA RINKA(ヒンカリンカ)」の3階に、ポーランドのブランドランジェリーを専門に取り扱う日本初となるショップ「kobieta(コビエタ)1号店がオープンしました。 続きを読む