カテゴリー別アーカイブ: CINEMA

ZBIGNIEW CYBULSKI

追悼アンジェイ・ワイダ監督特集「ポーランド映画祭2016」開催!

先月、10月9日、“ポーランド映画の父”と呼ばれるアンジェイ・ワイダ監督の訃報が伝えられポーランド映画界のみならず、世界各国で深い悲しみにつつまれました。5年目を迎える「ポーランド映画祭2016」では急遽プログラムを変更、開催期間も1週間延長し、《追悼アンジェイ・ワイダ監督特集》としてアンジェイ・ワイダ監督の代表作10作品の上映と、監督の影響を受けて育った若手監督の最新作のあわせて17作品が上映されます。

top写真:アンジェイ・ワイダ監督『灰とダイヤモンド』©STUDIO FILMOWE „KADR”

 アンジェイ・ワイダ監督は、生涯を通して40本もの映画作品を生み出しました。10代半ばにレジタンス活動に従事し、第二次世界対戦後にウッチ大学に入学、1954年にはレジタンス体験をもとにした長編映画『世代』を監督します。そして『地下水道』『灰とダイヤモンド』とあわせた「抵抗3部作」は国際的な評価を得ました。政治と歴史に向き合いながら、祖国ポーランドを舞台とした数々の名作を作り世界各国に多くの影響を与えてきました。

映画祭の初日となる11月26日(土)16:20からの回では、「アンジェイ・ワイダ監督追悼プログラム~ワイダは語る~」と題し、ワイダ監督からのメッセージ映像や上映後にはトークイベントを行う特別イベントを予定。さらに、今年の9月末にワイダ監督の自宅にて撮影した『仕返し』『菖蒲』『戦いの後の風景』『夜の終りに』についての映像メッセージが、それぞれの作品上映前に上映される予定になっています。

ポーランドの最新映画を紹介する《ポーリッシュ・シネマ・ナウ!》では今年ポーランドでも話題となった、カルト的人気を誇る画家ベクシンスキーの実話をもとにした『最後の家族』(ヤン・P・マトゥシンスキ監督/2016)や、民主化されたばかりの1990年のポーランドを舞台に、時代に奔放される女性の欲望と恐怖を見事に描いた『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ラブ』(トマシュ・ヴァシレフスキ監督/2016)のほか、末期ガンに冒された女性ヨアンナが残さ れた息子との日常を追ったドキュメンタリー『ヨアンナ』(アネタ・コパチ監督/2013)等これまで日本で上映できなかった作品が披露されます。

また、11月はポーランドの月としてポーランド文化を都内で体験できるイベントが開催されています。音楽イベントやブックフェア等ぜひこの時期にポーランドの文化に触れてみてください。

:ポーランド映画祭2016
2016年11月26日(火)から12月16日(金)3週間限定
シネマート新宿にて開催
www.polandfilmfes.com


11minutes main

Interview:『イレブン・ミニッツ』イエジー・スコリモフスキ(Jerzy Skolimowski)監督

役を得るためにセクハラまがいの監督に会いに行く女優と、彼女を引き留める嫉妬深い夫。若い娘を相手に問題を起こし、刑務所から出所したばかりの父親と、結婚間近の薬物中毒の息子。質屋強盗をもくろみ、失敗した少年。川沿いで絵を描く老人。その多くが空に目撃した、謎の黒い点の正体は……。 続きを読む


© 2015 Laokoon Filmgroup

『サウルの息子』:決して逃げられないアウシュヴィッツの狂気

ナチスドイツの収容所には、囚人によって構成される「ゾンダーコマンド」という特殊任務の部隊があった。他の囚人と引き離され、限られた範囲内での行動の自由も許されていた彼らの役目は、移送されてきたユダヤ人たちを安心してガス室に送り込むこと。 続きを読む


わたしたちの呪縛 ©WARSAW FILM SCHOOL

11月はポーランドの月、「ポーランド映画祭2015」も開催!

今年は『イーダ』がアカデミー賞外国語映画賞を受賞し、ポーランド映画史上初の快挙を成し遂げたのは記憶に新しいところ。数々の名作を生み出してきたアンジェイ・ワイダや、イエジー・スコリモフスキ、ロマン・ポランスキーだけでなく、いま多くの若手作家が勢いづいているポーランド映画界。 続きを読む


イマジン メイン

『イマジン』:目をつむり耳をすませば、見えてくる別の世界

映画の最初は、闇の中にぼやーっと白いものが見えるだけ。聞こえるのは小鳥の声と犬の荒い息。近くに道路では車が行き交う音もする。やがてピントが合ってくる。そこは白い壁に囲まれた中庭で、黒いドアの隙間に犬が鼻を突っ込んでくんくん嗅いでいる。現れた管理人がドアを開けると、サングラスをかけた若い男。「ノックをすればいいのに」と言われると、彼は盲目なのに「誰もいなかったから」と少し得意げに言う。この物語の主人公・イアンである。

続きを読む


PAPUSZA_main

Interview :『パプーシャの黒い瞳』ヨアンナ・コス=クラウゼ(Joanna Kos-Krauze)監督

書き文字を持たないジプシー社会に生まれ、詩を書くことですべてを失ったパプーシャ。ポーランドで知られるジプシーとして初の女性詩人の波乱の生涯を描いた『パプーシャの黒い瞳』が描く、激動の時代の中で翻弄され、失われていったジプシー文化とは?

続きを読む


偶然(C)DR-MK2

ポーランド映画の過去・現在・未来。「ポーランド映画祭2014」開催!

アンジェイ・ワイダや、ロマン・ポランスキー、クシシュトフ・キェシロフスキなど、映画界において独特の才能を生み出してきたポーランド。そんな「ポーランド映画」の傑作や隠れた名作を紹介してきた「ポーランド映画祭」が、今年も開催される。

続きを読む


kinowtrampkach

スニーカーで映画館へ行こう! ”Kino w trampkach”開催中

子どもとティーンに向けたフィルムフェスティバル”Kino w trampkach(Cinema in Sneakers)”がワルシャワの映画館Kino IluzjonKino Prahaにて9月28日まで開催中。今年で2回目を迎え、3歳から18歳までの子どもからティーンエイジャーに見てもらいたい映画が勢揃いする。映画は独自の視点で集められ、基準となる年齢を作品ごとに設けられている。 続きを読む


イーダサブ3

『イーダ』:ポーランドの歴史に翻弄された少女が、自分を取り戻すまで

ワルシャワのフリーマーケットには、第二次世界大戦当時の軍放出品が多く見られる。マニア垂涎の軍服やらブーツやら階級章やら拳銃やらは、ほぼすべてがナチスドイツかスターリン時代のロシアのもの。犬猿の仲だった両軍が同じ台の上に並ぶ様は笑いを誘うが、同時にこの国が両軍に占領された場所であることも思い起こさせる。

続きを読む