カテゴリー別アーカイブ: LIFE STYLE

ペットボトルのジャングルが見せてくれる夢 re4rest (リフォレスト)

リサイクルゴミとして捨てられていくペットボトルやプラスチック容器をつかい熱帯雨林に生息する植物たちを見事なまでに再現。ポーランド人アーティスト、カリーナ・クロラック(Karina Królak)と、パトリツィア・スミルノフ(Patrycja Smirnow)による「re4rest(リフォレスト)」プロジェクトでは使い捨てのペットボトルが新しい種となり、エネルギー与えてくれるオブジェに生まれ変わりました。

写真左からパトリツィア・スミルノフ(Patrycja Smirnow)と、カリーナ・クロラック(Karina Królak)

写真左からパトリツィア・スミルノフ(Patrycja Smirnow)と、カリーナ・クロラック(Karina Królak)

今年の初めにスタートした「re4rest(リフォレスト)」プロジェクト。スタジオいっぱいに集められたペットボトルやプラスチック容器。実在する熱帯雨林の植物を忠実に再現するため、植物図鑑等を参考にしたという。

色をつけるときは環境に優しいエコスプレーのみを使用し、ハサミで切ったり、ハンダゴテで接着したりともちろん全て手作業。気の遠くなるほどの時間と労力を使って作り出されただけあって、出来上がったジャングルを見たときはあまりの美しさと迫力にドキドキしてしまうほど。

 ジュエリーアーティストでもある彼女たちは、今までにもリサイクルを取り入れたコンセプチュアルジュエリーを提案してきたこともあり、環境問題はもちろん、日常生活においても様々なボランティア活動にも取り組んでいて、それらは自然と生活の一部になっています。ここでは特に商業伐採による森林破壊によって、失われていく熱帯の森たち。そして温暖化による珊瑚の減少や油汚染をうけた水鳥たちを作品のなかで表現しています。

 自然環境を支えてくれている植物の力。人間の活動によって失われていく地球の美しさは、意識を変えることでまた人間の活動によって取り戻せることができるはず。re4rest(リフォレスト)にふれることで、地球上のすべての生き物にたいする思いを見直すきっかけにもなるかもしれません。

6月にPolana Institute開催された"Married to the Nature"にも出展。

6月にPolana Institute開催された”Married to the Nature”にも出展。

制作されたオブジェは販売したり、また学校、文化機関、博物館、ギャラリー、企業への貸し出しもしています。ペットボトルを使ったワークショップも開催するなか、re4rest(リフォレスト)プロジェクトは引き続きこれからも続いていきます。

more info:
Pracownia nr.13
https://www.facebook.com/Pracownia-nr13-160458134004699/

関連リンク>>>
Karina Krølak カリーナ クロラックのジュエリーでもっと自由に


ボレスワヴィエツ陶器のリズム

日本でも人気の高いポーリッシュポタリー。ポーランド南西部の陶磁器の街<ボレスワヴィエツ(Bolesławiec)>でのセラミック生産は2世紀にわたって続いています。ボレスワヴィエツ陶器のマニュファクトラ社(Manufaktura Boleslawiec)とワルシャワとクラクフの間にある街、ケルチェのデザイン研究所(Instytut Dizajnu w Kielcach)が主催した展覧会<Akord. Praca, precyzja, produkt ・コード(和音)。仕事、精密、製品>がウッチデザインフェスティバル2017(10月3日~8日)にて開催されました。

展覧会のタイトルにある、コード、あるいは和音、とは異なる高さの音の重なりのこと。ボレスワヴィエツ陶器の生産に関わるー特に装飾に関わる人々に焦点をあてています。

Decoration/装飾について。106人の従業員が、1日あたり約40〜50個の装飾をする。1個のカップの装飾にかかる時間はベーシックな模様で約10分、ユニークなパターンは約20分。

Decoration/装飾について。106人の従業員が、1日あたり約40〜50個の装飾をする。1個のカップの装飾にかかる時間はベーシックな模様で約10分、ユニークなパターンは約20分。

複雑なセラミックス技術、装飾プロセス、そして最終的に完成したプロダクト、これらの工程のすべての重なりを視覚的に私たちに提示します。

ボレスワヴィエツ陶器の特徴でもある模様の多くは伝統的なスタンプ技術を用いて手作業で絵付けされています。バルト海の海綿スポンジの動きや痕跡はすべてカウントされ、固定パターンを従順に貫きながらリズミカルに装飾されていきます。

Mozaika

壁一面に陶器でコラージュされたUrsula Dudekによるモザイク

繰り返しのジェスチャーの結果でもある”リズム”。自動的に行われる手作業と機械的作業との間の境界とはなんだろう、と間接的に私たちに問いかけます。

 :Akord. Praca, precyzja, produkt
キュレーター:マルタ・ダホヴスカ(Marta Dachowska)、マグダ・ガズル( Magda Gazur)

関連記事リンク:
ルネッサンス! 一味違うボレスワヴィエツ陶器を求めているひとへ

伝統工芸の新たな一歩「ポーランドのテーブル(Polski Stół )」


bodymaps_02

夏をもっと楽しく!ワルシャワ発のスイムウェア・BODYMAPS

Bodymaps SS17 photo by Kuba Dąbrowski

ダイナ・ディープなV字型が大胆なネックライン、バックは幅広のストラップが交差されたワンピースタイプ。Bodymaps SS17 / photo by Kuba Dąbrowski

こんな水着が欲しかったーー2015年6月に初めてコレクションを発表した頃から気になっていたワルシャワ発・スイムウェアブランド「BODYMAPS」。昨年のコレクションでは、より明確に50s~70sの時代を感じさせるレトロなシルエットで魅了し、今年2月にはワルシャワのモコトフ区にコンセプトストアをオープン、そして5月に2017最新コレクションが発表された。 続きを読む


barszcz

ポーランド料理の旅へようこそ『ポーランド料理道』 全148ページ日本語版オンラインにて無料公開

今年、ワルシャワの出版社Hanamiから出版された『ポーランド料理道』。日本語では初となるポーランドの食の歴史、食材、レシピまで知ることができる唯一の本。全148ページがオンラインにて無料で公開されています。

続きを読む


lrs_nero_2

ワルシャワ発・グリナシュ スタジオ(Grynasz Studio )による 職人×デザイナー Elements展 Tokyo Design Week 2016

東京デザインウィークのメインテント・Creative Life内にてポーランドのデザインスタジオによる展示会、《”Elements”  an exhibition of Grynasz Studio design》が11月2日~7日まで開催されます。 続きを読む


kultowe-formy

老舗クリスタルガラスJulia(ユリア)の新たな実験 デザイン&プロセス

クリスタルガラスの製造の地で知られるポーランド南西部ドルヌィ・シロンスクにて、創業150年の歴史をもつ老舗クリスタルガラスメーカーJulia(ユリア)社。シレジア地方特有の複雑な歴史のなか柔軟性をもちながら、素晴らしいガラス製造の伝統を築きあげています。
続きを読む


koziara

ルネッサンス! 一味違う、ボレスワヴィエツ陶器を求めているひとへ

ポーランドの陶器といえば、ポーランド南西部の陶磁器の街「ボレスワヴィエツ(Bolesławiec)」の陶器。人と違うものを求めているなら数ある窯元のなかで、いつも新鮮なコレクションを楽しませてくれる「マニュファクトラ社(Manufaktura Boleslawiec)がおすすめ。伝統的な柄を用いたクラシックコレクションから、今を感じるモダンな柄まで幅広く取り揃っています。 続きを読む


SAWREN

ポーランドランジェリーのセレクトショップ 「kobieta(コビエタ)」が銀座にオープン!

2016年3月31日にオープンしたばかりの銀座最大級の商業施設「東急プラザ銀座」。なかでも話題のファッションのセレクトストア「HINKA RINKA(ヒンカリンカ)」の3階に、ポーランドのブランドランジェリーを専門に取り扱う日本初となるショップ「kobieta(コビエタ)1号店がオープンしました。 続きを読む