reiko jaszczuk のすべての投稿

weronika00

ヴェロニカ・ゲンシツカ WERONIKA GĘSICKA

ヴェロニカ・ゲンシツカ WERONIKA GĘSICKA:1984年ヴウォツワヴェク(Włocławek)出身。ワルシャワ在住。写真家・アーティスト。ヴェロニカはワルシャワの芸術アカデミーのグラフィックを専攻し、同時にワルシャワの写真アカデミーを卒業。

<Traces /痕跡>シリーズでは、1950年から60年代にかけてのアメリカの匿名のアーカイブ写真を歪ませることによって超現実的で不安定なイメージをつくりだした。

写真はどのように過去を操作するのか、過去から物事を知覚する方法と、これらの記憶が時間とともにどのように進化するのかに焦点をあてている。匿名のストック写真に注目し、歴史が現在と混じり合うことで再解釈する。タイトルの<Traces /痕跡>とは「何かが存在した、もしくは起こったことを示すあとー兆候」。この痕跡は、作品の基礎となったアーカイブ写真であり、もう一方で、これらの写真を改ざんすることで彼女が残す痕跡でもある。

Tracesシリーズの一番最初の作品。女の子が男の子の肩の上に座りることで女の子をより支配的にすることで、新しい意味を与えた。all images / WERONIKA GĘSICKA

Tracesシリーズの一番最初の作品。女の子が男の子の肩の上に座り、男の子の顔はけされることで、女の子がより支配的な存在になり新しい意味を与えている。all images / WERONIKA GĘSICKA


半世紀前のアーカイブ写真をみると、完璧な家族やカップルの写真を見ることができる。たとえば、男性は仕事から戻り、ディナーはすでに用意され、子供たちは礼儀正しく、家庭での女性は完璧に見える。彼女はそのイメージを意図的に台無しにし、再編成することでステレオタイプを打破する。more info


photo01

どう生きて、どう過ごす。これからのデザイン。ŁDF2017

今年で11回目を迎えるデザインの祭典、ウッチ・デザイン・フェスティバル(ŁÓDŹ DESIGN FESTIVAL)が10月3日から8日までの6日間に渡り開催された。毎年秋になると楽しみにしているイベントのひとつでもあり、 ポーランド国内、そして中欧やヨーロッパの主要な産業デザイン、アート&クラフトデザインの可能性や驚き、発見と様々な側面を体感できるからだ。

top 今年のテーマである<A. NEW>。フェスティバルのディレクターであるミハウ・ピエルニコヴスキ氏は、「最年少の世代は、私たち両親が育った世界とはまったく異なる世界に住んでいる。技術、社会、環境の異常なまでの変化は、新しい解決策を模索する動機にもなります。これから私たちはどのように生きて働くのか、自由な時間をどう過ごしていくのか。そして、どんな世界で生まれ、成長するのか」とキュレーター、デザイナー、ブランドに問いかけた。

NEW OLD - designing for our future selves

「NEW OLD – designing for our future selves」展より

 これからの生き方や社会とのかかわりや都市開発の未来を描く展示が、ロンドンのデザイン・ミュージアムでの「NEW OLD – designing for our future selves」ポーランド凱旋展だ。日本だけでなくヨーロッパでも高齢化社会の到来を認識するなかで、高齢者社会に向けてのデザインのありかたを再考する見応えある企画。

そしてヴィトラ・デザイン・ミュージアムで昨年秋に開催された「Urban day dreaming」展が特別に展示され自然、植物、動物、水、火を日々の環境に再導入する必要性や、自然と都市の関係を反映して、都市空間の発展の新しい方向性をみせてくれた。

ひときわ心に響いたのは「People from the porcelain factory/ポーセリン工場の人々」と題された展覧会。このプロジェクトはポーランドで最も古く18世紀から続いている磁器工場(Polskie Fabryki Porcelany Ćmielów i Chodzież S.A.)で行われ、人類学者とセラミックアーティストのチームによるもの。

塩化コバルトに浸された手袋を着用した労働者によって工場生産ラインで生産された。彼らが接触した痕跡を目にすることで工業生産におけるなかの「人間の要素」の役割が明らかになり、「人間の仕事」の結果であるということ、そしてこの触れ合いが製造プロセス全体の一部であることを視覚的に示している。白く、滑らかに輝くポーセリン陶器は完璧な清潔さを呼び起こさせるもの。指やリップの痕跡があれば、私たちはすぐさま拭き取りたくなるし、通常ならば使っている食器が何回誰かの手にふれたとか数えたくはないはず。ポーセリンの工場生産は社会的にも関心度が低いなか、ポーセリン工場の人々をリスペクトした企画はとても印象に残った。

ポーランドのデザイナー、メーカー、ブランドから毎年選ばれる<must have.>からいくつかピックアップ。

若手アーティストのためのコンテスト”<make me!>での受賞作品の一部。

今年は開催期間も従来までの10日間から6日間となり、メイン会場もティミエニツキエゴ通り3(Tymienieckiego 3)に位置する「Art_Inkubator」だけで主要な展示は見て回ることができるので、イベント全体として規模の縮小を感じた。今年の<A. NEW>といったスローガンのもと、新しい経済、新しいメディア、新しい時代の価値観を提示し、フェスティバル自体も形を変えながら新たな時代へ移行しているのかもしれない。

info:
www.lodzdesign.com

 


escape

脱出部屋にようこそ・Escape Rooms I Pop Up Gallery

escape room今月末までの期間限定、ポップアップギャラリー”エスケープルーム (Escape Rooms)”。通りかかったついでに入ってみたら思いがけず面白く、つかの間の現実逃避を楽しめた。

ワルシャワ中央駅から徒歩5分、Nowogrodzka通りのカミェニツァ(戦前の建物)スタイルのアパートメント2フロアを大胆に使用。サブカルチャーとしてのストリートアートと、メインストリームとなる現代美術の見えない境界線を打破するストリートアーティストCekas、Monstfur、TomaszGórnicki、Nawer、Lump、Simpson、WYBUCH WIELKI7人をフューチャー。彼らは何年もの間ストリートアートシーンでアーティストとして活躍しながらも、グラフィック、絵画、インスタレーション、彫刻といった方法での作品も発表している。

escape rooms

建物の入り口と落書きだらけの階段の雰囲気は、まるで行ってはいけない地下室へ探検するときみたいな気持ちに。

展覧会では、いま世界が向っている方向性による影響について分析し提示している。2階(日本でいう3階)では約20点ものオブジェ、絵画、彫刻が展示され、1階(日本でいう2階)のフロアには鍵をもったスタッフととも降りていきツアーが始まる。暗闇の廊下には6つの部屋があり、部屋全体を使って構築された空間では忘れられない特別な体験することができる。木曜、金曜は夕方の17時から21時。週末は13時から21時までオープンしている。この時期にワルシャワに訪れる機会があれば、ぜひ立ち寄ってみて。(作品の撮影は禁止)

Escape Rooms I Pop Up Gallery 
場所: ul. Nowogrodzka 46 
期間:2017年9月30日〜10月31日 
木曜・金曜17時から21時。土曜・日曜13時から21時まで。
入場無料

アーティスト:

CEKAS 
LUMP
MONSTFUR x TOMASZ GÓRNICKI
NAWER
SIMPSON
WYBUCH WIELKI

キュレーター:Jan Sętowski

 


ワルシャワ ギャラリー ウィークエンド 2017

ワルシャワ最大のアートの祭典、ワルシャワ ギャラリー ウィークエンド 2017 (Warsaw Gallery Weekend 2017)が始まりました。このイベントを皮切りに、プライベートギャラリーが一斉に新しい展覧会を開催。今年はワルシャワのギャラリーだけでなく、ポズナンやクラクフのギャラリーも期間限定で参加。また、ワルシャワ市の美術館、博物館も独自の付随プログラムを用意。ぜひこの機会にポーランドのアートシーンに触れてみてみて。ギャラリーマップはこちら

1. ARTON FOUNDATION

Bruce Nauman, "Flesh", fot. dzięki uprzejmość Fundacji Arton

Bruce Nauman, “Flesh”, fot. dzięki uprzejmość Fundacji Arton

 “I as Another “
Bruce Nauman / Krzysztof Niemczyk
2017年9月22日~10月28日
ul. Miedziana 11, 00-835 Warszawa
www.fundacjaarton.pl

2. ASYMETRIA

Andrzej Różycki, photo:Galerii Asymetria

Andrzej Różycki, photo:Galerii Asymetria

“Letʼs praise the negative! / Locus suspects”
Andrzej Różycki 
2017年9月22日~10月20日
ul. Jakubowska 16, 03-902 Warszawa
www.asymetria.eu

3. BIURO WYSTAW

Monika Drożyńska, "Bóg, Bug, Buk", 2017, photo:Biura Wystaw

Monika Drożyńska, “Bóg, Bug, Buk”, 2017, photo:Biura Wystaw

 “Water and Wine”
Monika Drożyńska
2017年9月22日~10月28日
ul. Krakowskie Przedmieście 16/18, 00-325 Warszawa
www.biurowystaw.pl

4. BWA WARSZAWA

Yann Gestberger, "Rollmops", 2014 photo:BWA Warszawa

Yann Gestberger, “Rollmops”, 2014 photo:BWA Warszawa

“The Uses of Enchantment “
Yann Gerstberger /Sławomir Pawszak  / Hanna Rechowicz
2017年9月22日~11月25日
ul. Jakubowska 16/3, 03-902 Warszawa
www.bwawarszawa.pl

5. CZUŁOŚĆ

Free bus trip to a certain place outside the city, coffee and return, 2017 Photographic print

Free bus trip to a certain place outside the city, coffee and return, 2017
Photographic print

“Free Bus Trip to a Certain Place Outside the City, Coffee, and Return”
Johann M. Winkelmann
2017年9月22日~11月4日
ul. Brzozowa 31/33, 00-259 Warszawa
※2週間前に火災がありul. Brzozowa 27/29からul. Brzozowa 31/33に変更になりました。
www.czulosc.com

6. DAWID RADZISZEWSKI

Tomasz Kowalski, "Złota drabina". photo o:Galerii Dawid Radziszewski

Tomasz Kowalski, “Złota drabina”. photo o:Galerii Dawid Radziszewski

“Early Polishness”
Katarzyna Przezwańska
2017年9月22日~11月4日
ul. Krochmalna 3, 00-864 Warszawa

“Golden Ladder “
Tomasz Kowalski
2017年9月22日~27日
al. Szucha 16/43 00-582 Warszawa
www.dawidradziszewski.com

7. FUNDACJA ARCHEOLOGIA FOTOGRAFII

Adam Pańczuk, Promienie

Adam Pańczuk, Promienie

“Rays”  Adam Pańczuk
2017年9月22日~11月5日
ul. Andersa 13, 00-159 Warszawa

“Choreography of Images. Performed Photography”
Zbigniew Dłubak, Mariusz Hermanowicz, Antoni Zdebiak 
2017年9月22日~10月22日
Siedziba PTSR
ul. Nowolipki 2A
www.faf.org.pl

8. FUNDACJA GALERII FOKSAL

Wilhelm Sasnal, "Basel" 2017. photo:Fundacji Galerii Foksal

Wilhelm Sasnal, “Basel” 2017. photo:Fundacji Galerii Foksal

Wilhelm Sasnal
2017年9月22日~10月28日
ul. Górskiego 1A, 00-033 Warszawa
www.fgf.com.pl

9. INSTYTUT FOTOGRAFII FORT

Ilona Szwarc Diana, Gora, 2014 Instytut Fotografii Fort

Ilona Szwarc
Diana, Gora, 2014
Instytut Fotografii Fort

“You Are Now Entering the Human Heart “
Ilona Szwarc
2017年9月22日~11月26日

Self-Identification: Photographs from the Collection of Joanna and Krzysztof Madelski 
2017年9月22日~24日

ul. Racławicka 99, 02-634 Warszawa
http://instytutfotografiifort.org.pl

10. KASIA MICHALSKI GALLERY

Damir Očko, "Dicta", 2017, Galerii Kasia Michalski

Damir Očko, “Dicta”, 2017, Galerii Kasia Michalski

“Dicta”
Damir Očko
2017年9月22日~11月16日
ul. Poznańska 16, 00-680 Warszawa
www.kasiamichalski.com

11. LE GUERN

Pravdoliub Ivanov 		“Neglectable Incidents at the Level of the Eyes”

Pravdoliub Ivanov
“Neglectable Incidents at the Level of the Eyes”

“Neglectable Incidents at the Level of the Eyes”
Pravdoliub Ivanov
2017年9月22日~11月18日
ul. Widok 8, 00-023 Warszawa
www.leguern.pl

12. LETO

David Krňanský 2017,  Galerii Leto

David Krňanský 2017, Galerii Leto

David Krňanský
2017年9月22日~10月28日
ul. Dzielna 5, 00-162 Warszawa
www.leto.pl

13. LOKAL_30

13LOKAL_30

Natalia LL /States of Concentration, 1980

“Zeitgeist”
VALIE EXPORT /Natalia LL//Diana Lelonek /Justyna Górowska 
2017年9月22日~11月10日
ul. Wilcza 29a/12, 00-544 Warszawa
www.lokal30.pl

14. M²

Paweł Dunal "Hunter" 2016 oil, canvas; 30 x 30 cm

Paweł Dunal “Hunter” 2016 oil, canvas; 30 x 30 cm

“The Return of the Son”
Paweł Dunal
2017年9月22日~11月18日
ul. Oleandrów 6, 00-629 Warszawa
www.m2.art.pl

15. MONOPOL

Maria Pinińska-Bereś  Praying for Rain, Prądnik estate, Kraków, summer 1977

Maria Pinińska-Bereś Praying for Rain, Prądnik estate, Kraków, summer 1977

“The Performer”
Maria Pinińska-Bereś
2017年9月22日~11月30日
al. Jerozolimskie 117, 02-017 Warszawa
www.galeriamonopol.pl

16. PIKTOGRAM

Florian Auer, "Wood", 2017

Florian Auer, “Wood”, 2017

“Changing the Wheel”
Florian Auer
2017年9月22日~11月10日
ul. Kredytowa 9/26, 00-056 Warszawa
www.piktogram.org

17. POLA MAGNETYCZNE

Odile Bernard Schröder, "Expert", 2017

Odile Bernard Schröder, “Expert”, 2017

“REVELATION-REVOLUTION”
Odile Bernard Schröder
2017年9月22日~11月25日
ul. Londyńska 13, 03-921 Warszawa
www.polamagnetyczne.com

18. PROFILE

Tomasz Partyka, "Red, black, white, maybe brown or pink but probably not yellow?", 2017

Tomasz Partyka, “Red, black, white, maybe brown or pink but probably not yellow?”, 2017

“Little Slaughters”
Tomasz Partyka
2017年9月22日~10月21日
ul. Franciszkańska 6, 00-214 Warszawa
www.fundacjaprofile.pl

19. PROPAGANDA

Mariusz Tarkawian, "Peace and Love", 2016

Mariusz Tarkawian, “Peace and Love”, 2016

“A Fantastic Show”
Mariusz Tarkawian
2017年9月22日~10月28日

 “Residents “
Ewa Doroszenko / Jacek Doroszenko
2017年9月22日~10月1日
ul. Foksal 11/1 00-372 Warszawa
www.prpgnd.net

20. RASTER

Mika Tajima Emotion Commune, 2017

Mika Tajima
Emotion Commune, 2017

”Air”
Mika Tajima
2017年9月22日~11月18日

”Barrier”
Krzysztof Pruszkowski
2017年9月22日~10月28日
ul. Wspólna 63, 00-687 Warszawa
www.rastergallery.com

21. RODRIGUEZ GALLERY

Michał Smandek"Skeletons", Salar de Uyuni, Bolivia, 2016,

Michał Smandek”Skeletons”, Salar de Uyuni, Bolivia, 2016,

”D / I / S / R / U / P /T (part 2)”
Marlon de Azambuja/Piotr Bosacki / Cristina Garrido / Agnieszka Grodzińska  / Jimena Kato /Julia Llerena /Franciszek Orłowski/ Maya Saravia/Michał Smandek/ Mauro Vallejo

2017年9月22日~10月3日
al. Jerozolimskie 51 lok 2, 00-697 Warszawa
www.rodriguezgallery.com

22. STEREO

Wojciech Bąkowski, "Diving in the wreck of the past party" 2017

Wojciech Bąkowski, “Diving in the wreck of the past party”
2017

“Things in Shapes of Things”
Mathis Altmann / Wojciech Bąkowski /Will Benedict / Tobias Spichtig
 2017年9月22日~10月28日

“Take, Give, Leave a Sense of Loss “
Gizela Mickiewicz
2017年9月22日~10月28日

ul. Miedziana 11, 00-835 Warszawa
www.galeriastereo.pl

23. STROBOSKOP

Bean Gilsdorf Trouble at Home

Bean Gilsdorf Trouble at Home

“Trouble at Home”
Bean Gilsdorf
2017年9月22日~24日
ul. Siewierska 6, 02-360 Warszawa
www.stroboskop-space.pl

24. GALERIA SZYDŁOWSKI

Jan Bajtlik, Untitled (Octopus)

Jan Bajtlik, Untitled (Octopus)

“Greek Labyrinths”
Jan Bajtlik
2017年9月22日~10月11日
ul. Filtrowa 30/133, 02-032 Warszawa
www.galeria-szydlowski.pl

25. WIZYTUJĄCA GALERIA

Karolina Bielawska, "Dust", 2017, photo by Michał Matejko

Karolina Bielawska, “Dust”, 2017, photo by Michał Matejko


“Drift”
Karolina Bielawska
2017年9月22日~10月28日
ul. Grzybowska 88, 00-840 Warszawa
www.tugaleria.pl

26. GALERIA WSCHÓD

Daniel Koniusz “Floating Points”

Daniel Koniusz “Floating Points”

“Floating Points”
Daniel Koniusz
2017年9月22日~10月28日
Jakubowska 16/4, 03-902 Warszawa

 “BnB”  Jan Domicz
2017年9月24日~10月28日
ROD ul. Kinowa 13

www.galeriawschod.com

wgw2017Warsaw Gallery Weekend 2017
2017年9月22日 17時~21時
9月23日、24日12時~19時


bodymaps_02

夏をもっと楽しく!ワルシャワ発のスイムウェア・BODYMAPS

Bodymaps SS17 photo by Kuba Dąbrowski

ダイナ・ディープなV字型が大胆なネックライン、バックは幅広のストラップが交差されたワンピースタイプ。Bodymaps SS17 / photo by Kuba Dąbrowski

こんな水着が欲しかったーー2015年6月に初めてコレクションを発表した頃から気になっていたワルシャワ発・スイムウェアブランド「BODYMAPS」。昨年のコレクションでは、より明確に50s~70sの時代を感じさせるレトロなシルエットで魅了し、今年2月にはワルシャワのモコトフ区にコンセプトストアをオープン、そして5月に2017最新コレクションが発表された。

デザイナーのエヴァ・ステフノヴスカ(Ewa Stepnowska)

デザイナーのエヴァ・ステフノヴスカ(Ewa Stepnowska)

デザイナーはエヴァ・ステフノヴスカ(Ewa Stepnowska)。2014年にワルシャワ美術アカデミーのファッション科を卒業後、ニューヨークのマーク ジェイコブス(MARC JACOBS)のスタジオでインターンを経験し、帰国後の24歳のときに「BODYMAPS」を立ち上げる。

卒業制作では、幾何学模様の独特のテキスタイルや、靴の制作にも取り組んでいた彼女だが、大好きな夏の休暇時に、欲しい水着がみつからないーーそんな思いから、学生時代には挑戦していなかったスイムウェアのデザインに取り組んだという。いつの時代でもヴァカンスはあった。古いアルバムのビーチ写真、肌の露出が少ないワンピースやハイウエストのボトム。そういった50年代から70年代にかけてみられたクラシックなスタイルに、素材感やカット、細かなディティールを現代におきかえ、新しいレトロ感覚のスイムウェアが誕生した。素材はすべてイタリア北部産。そして、ポーランドの繊維産業の町として知られる、ウッジの縫製室でつくられている。

今シーズンのコレクションテーマは”evergreen”。evergreenは「いつまでも新鮮な」という意味だけでなく「時代を経ても不屈な名曲」を指したりする音楽用語としても使われている。デザイナーのエヴァにとって、音楽は欠かせないインスピレーションの源。昨年はミック・ジャガーや最初の妻ビアンカからつけていたが、新しい4つのスタイルにもダイナ(DINAH)、ビリー(BILLIE)、ニーナ(NINA)、ベティ(BETTY)といった名前がつけられた。これらは伝説的なジャズシンガー、ダイナ・ワシントン、ビリー・ホリデイ、ニーナ・シモン、ベティ・カーターからとられたもの。カラーは、深海の色やサンゴの色がみられ、足長効果もあるハイウエストのツーピースも、今年はさらにハイウエストになったバージョンが仲間入りした。そして今回の印象的なコレクションルックは、ポーランドの若手写真家で最も勢いのあるKuba Dąbrowskiが撮り下ろしている。

コレクションのヴィジュアルイメージを常にポーランドの最も旬な写真家とコラボしているのにも注目したい。いずれも、コマーシャルだけでなく、ドキュメンタリーやアートの領域で活動している写真家だ。

 2015年には、ドキュメンタリー映画作家としても制作を続けている、アンナ・グジェレヴスカ(Anna Grzelewska)、2016年は、数多くの雑誌・広告におけるファッション、ポートレートでも活躍しながらも、少年院での少年をドキュメントしたプロジェクトが記憶に新しい、Zuza Krajewskaがワルシャワ文化科学宮殿内の屋内プールで撮り下ろしている。

2月にオープンしたばかりの「Showroom Bodymaps 」。最新コレクションをはじめ、アーカイブコレクションが揃う。

2月にオープンしたばかりの「Showroom Bodymaps 」。最新コレクションをはじめ、アーカイブコレクションが揃う。

「BODYMAPS」はオンラインでも購入できるが、できれば水着は試着したい。自分の肌に似合う色、体型に合うデザインというのは必ずしも自分が欲しいものと合致するとは限らず、思ってもみなかった色やスタイルが意外としっくりきたりする。ワルシャワに訪れたら、ぜひショップに訪れてみてほしい。これから訪れる夏をもっと楽しむために。

BODYMAPS
Showroom Bodymaps 
住所:ul. Wiktorska 21, Warszawa
営業日:水曜・木曜・金曜日
営業時間:11時ー16時


posterdesign

日本初・ロマン・チェシレヴィチの作品を一挙公開<鏡像への狂気>ギンザ・グラフィック・ギャラリー

ポーランドを代表するグラフィックデザイナー、ロマン・チェシレヴィチ(Roman Cieślewicz)。前衛的なグラフィックデザインの世界を切り開き、21世紀への引き金になった実験精神あふれる作品を一挙公開する<ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気>が5月15日(月)よりギンザ・グラフィック・ギャラリーにて開催される。 続きを読む


lublin01

ポーランド東部 ② ルブリン、今年で700年! 行くべき、見るべき10のこと

>>>前回の記事

ルブリンはポーランド東部で最大の学生の街。優れた医大や大学があり学生の数は約100,00人以上、そのうちの6割は米国と近隣諸国からの留学生で構成されています。

異文化が混じり合う学生社会において、クリエイティブに国境はなく、ここ数年の間に急速に活気づいているのは、この学生たちの力もあるのでしょう。街を散策すれば、従来のスローライフはそのままに、地元の人々が街を愛し、一人一人のポジティブなエネルギーが感じられます。そんな街中でみつけたルブルンの新たな側面を感じるおすすめスポットを②でお伝えします。 続きを読む