reiko jaszczuk のすべての投稿

Museum on the Vistula /   © Z POLSKI 2017

ワルシャワのシンボル<人魚(Syrena)>に出会う春

ワルシャワ市の紋章にもみることができる<人魚(Syrena)>は、街のシンボル。ヴィスワ川の人魚伝説しかり、昔から市民を守ってくれていると言われ、ワルシャワでは特別な存在。そのワルシャワにおける<人魚(Syrena)>との普遍的な関係性を深く掘り下げた「Syrena herbem twym zwodniczą / Beguiling Siren is Thy Crest」が開催されている。(6月18日まで)

Museum on the Vistula

古い車のインスタレーションは、1957年から80年代後半まで生産されていたポーランドの国産車であるSyrena(ワルシャワのシンボル人魚(Syrena)と同じ名前)を用いたもの。Jerzy Bohdan Szumczyk / The Warsaw Mermaid

会場は、2017年3月25日にオープンした新しいスペース<ヴィスワ川の美術館(Museum on the Vistula)>。ヴィスワ川のほとりに、浮かび上がるまるで白い箱のような建物は、オーストリアの建築家アドルフ・クリシャニッツ(Adolf Krischanitz )によって設計された。ウィーンのティッセン・ボルネミッサ現代美術財団(Thyssen- Bornemisza Art Contemporary–Augarten)から一時的に貸し出されたもの。美術館にはブックストアとカフェやテラスも併設され、またひとつワルシャワに素敵な空間が誕生した。

中央にある彫刻は、ベルリン在住でデンマークとノルウェー出身のアーティストデュオ、ELMGREEN & DRAGSETによる<He (Cooper Green) 2013, Sculpture>。

オープニングを飾るのにふさわしいこの展覧会のタイトルは、ポーランドの偉大な叙情詩人のひとり、ツィプリアン・カミル・ノルヴィッド(Cyprian Kamil Norwid 1821-1883)の詩”Dedication”から引用されたもの。ワルシャワ出身のノルヴィッドは、そのほとんどを異国で暮らし、孤独のなかパリで病死したといわれているが、故郷ワルシャワは彼のYouth(青春)の象徴だったのだろう。(アンジェイ・ワイダ監督の映画『灰とダイアモンド』のタイトルも、ノルヴィッドの詩から引用されている)美しく、せつない人魚姫の物語ともかけあって、詩的な世界観が会場を包み込む。

左は、ポーランドの画家Ewa Juszkiewicz による<Untitled (after René Magritte “The Collective Invention”) 2017 / oil on canvas>。ベルギーのシュールレアリスムの画家マグリットによる人魚は、下半身が人間で上半身が魚になっているが、この単純な変化によってさらに不可解な世界へわたしたちを導く。

ともあれ、2面性を持つといわれる人魚。その美しさとグロテスクな狭間で、”人魚”と”人”との間で揺れ動く。まるで水の底にいるような、あやふやな世界観のなかで、あなた自身の人魚に出会えるかもしれない。会場には、世界各国から50以上のアーティストの作品が展示されるほか、会期中には随時ワークショップやイベントも開催される。また、公式サイトにアクセスすると、全作品をみることができ、タップすると詳細がみれるようなインタラクティブなつくりになっているのでぜひアクセスしてみて。詳細はこちら

 Museum on the Vistula
「Syrena herbem twym zwodniczą / Beguiling Siren is Thy Crest」
開催期間:2017年3月25日ー6月18日
所在地:ul. Wybrzeże Kościuszkowskie 22, 00-390 Warsaw, Poland営業時間:火曜ー木曜日 12:00 – 20:00 / 金曜12:00 – 22:00 /土曜  11:00 – 20:00 /日曜  11:00 – 18:00

定休日:月曜日 
入場料:無料

 参加アーティスト:
Korakrit Arunanondchai, Evelyne Axell, Alex Baczyński, Zdzisław Beksiński, Louise Bourgeois, Eugène Brands, Agnieszka Brzeżańska, Bernard Buffet, Claude Cahun, Liz Craft, Edith Dekyndt, Christian Dietrich, Leo Dohmen, Drexcyia i Abdul Qadim Haqq, Elmgreen & Dragset, Leonor Fini, Ellen Gallagher, Malarz Goltyr, Justyna Górowska, Zdzisław Jasiński, Dorota Jurczak, Ewa Juszkiewicz, Birgit Jürgenssen, Tobias Kaspar, Marek Kijewski, Aldona Kopkiewicz i Mateusz Kula, Łukasz Korolkiewicz, Gina Litherland, Jacek Malczewski, Witek Orski, Sylvia Palacios Whitman, Pablo Picasso, Krzysztof Pijarski, Aleka Polis, Agnieszka Polska, Karol Radziszewski, Joanna Rajkowska, Carol Rama, Erna Rosenstein, Tejal Shah, Franciszek Siedlecki, Tomasz Sikorski, Penny Slinger, Juliana Snapper, Franz von Stuck, project „Warsaw’s Sirens” (Jacek Łagowski, Danuta Matloch, Katarzyna Opara), Alina Szapocznikow, Stanisław Szukalski, Jerzy Bohdan Szumczyk, Wacław Szymanowski, Dorothea Tanning, Wolfgang Tillmans, Tunga, Anne Uddenberg, Aleksandra Waliszewska, Wojciech Wilczyk, Hannah Wilke, Ming Wong, Marcelo Zammenhoff, Anna Zaradny, Artur Żmijewski.

ワルシャワには3つの人魚像があり、<ヴィスワ川の美術館(Museum on the Vistula)>の隣、コペルニクス科学センターを通り過ぎた先の、シフィエントクシスキ橋のふもとにも大きな人魚像<Pomnik Syreny nad Wisłą> をみることができるので、こちらも訪れてみよう。


FoundNewPolska_02

EVENT:Found New Polska _ Z POLSKI WEEKEND IN TOKYO #02

2月17日(金)、18日(土)、東京・富ヶ谷「HERBPARIS」にてポーランド発信アートイベント・ポップアップストアを期間限定で開催!

1年半ぶりとなる今回のイベント”Found New Polska _ Z POLSKI WEEKEND IN TOKYO #02″。前回好評だったカリーナ クロラック(Karina Krølak)は、この日のために特別に制作した作品も展示即売します。そして、いま30代の80年代生まれの作家やアーティストにもフォーカス。幼少期に共産主義を体験した彼らの解き放たれた作品に隠されたものとは? 常に自由をもとめ、クリエイティブの力を信じてきた彼らの新しい世界。注目のクリエイティブジャーナル誌やアートブックの最新版を最速でご覧いただけます。この素敵な空間でここでしか見られないポーランドのアーティストをぜひこの機会にご覧ください。

当日は、ポーランド料理のケータリングで大人気のポンチキヤさんも出店します。

参加アーティスト:
:: Karina Krølak (Z POLSK紹介記事)
:: print control –best printed matter from poland  
:: AGATA KUS  (Z POLSKI紹介記事
:: Asia Piaścik-Dingflux Product Design 
:: ARE Magazine 
:: PAPIEROWKA (Z POLSKI紹介記事
:: doc! Photo Magazine 
:: The Make Yourself at Home Guide to Warsaw 
:: Paweł Jaszczuk 
:: WARSAW DISTRICTS / Olga Warabida

  • Date: Friday Febraury 17 – Saturday Febraury 18, 2017
  • Opening Hours: 12:00 – 19:00 (tentative)
  • Place: HERBPARIS (Tomigaya1-9-22, Shibuya-ku, Tokyo)
  • Admission fee \ free

お問い合わせ:info@zpolski.net  / contact


lublin01

ポーランド東部 ② ルブリン、今年で700年! 行くべき、見るべき10のこと

>>>前回の記事

ルブリンはポーランド東部で最大の学生の街。優れた医大や大学があり学生の数は約100,00人以上、そのうちの6割は米国と近隣諸国からの留学生で構成されています。

異文化が混じり合う学生社会において、クリエイティブに国境はなく、ここ数年の間に急速に活気づいているのは、この学生たちの力もあるのでしょう。街を散策すれば、従来のスローライフはそのままに、地元の人々が街を愛し、一人一人のポジティブなエネルギーが感じられます。そんな街中でみつけたルブルンの新たな側面を感じるおすすめスポットを②でお伝えします。

6. Centrum Spotkania Kultur (CSK)(Centre for the Meeting of Culture)

2016年4月末にオープンしたばかりのルブリンの新しい文化施設・劇場。実に40年ものあいだ経済危機などにより建築中止を余儀なくされていたのですが、EUからの援助を得てプロジェクトは再開、未来の文化都市としての意気込みが感じられる素晴らしい施設が出来上がりました。

当時の煉瓦等を使いインダストリアルな面影を残したダイナミックなデザイン、屋上庭園ではエコロジーに基づいたプロジェクトが展開され、建築物だけでも見る価値はあります。

メインホールでは、舞台芸術やパフォーマンス、コンサートが開かれています。現在ギャラリースペースでは、1月21日まで日本をテーマにした展覧会「EXPERIENCE JAPAN」が開催中。

 info:
Centrum Spotkania Kultur

7. ATELIER HISTORYCZNI

ルブリンの旧市街地は、戦後も建物が破壊されることなく残ったことで、歴史を感じる古い建物には味があり、小さな路地裏につながる石畳のなかを歩くだけでも楽しめて、どこを切り取ってもフォトジェニックな風景があります。そこでおすすめしたいのが、旧市街地の旧広場(PLAC PO FARZE)にアトリエを構える写真スタジオ”ATELIER HISTORYCZNI”。

写真家のグジェゴッシュとスタイリストのパトリシアが、湿板写真(ガラス板)によるポートレート撮影をしてくれます。スタイリストのパトリシアが彼女のヴィンテージコレクションから、その場でスタイリング、着替えて小物を装着したら、旧市街地で撮影開始。

湿板写真は複製もできず、撮影時も何十秒か(お天気による)じっとしたまま動かないといった制約や、撮影前と撮影後の現像処理に失敗したら撮り直しをするなど、通常の写真撮影のスピード感覚とは違います。かつて昔がそうだったように、時間や手間はかかるけれど、世界でたった1枚のとても独特で味のある写真はその体験も含めて思い出となることでしょう。

info:
ATELIER HISTORYCZNI 
撮影価格は人数に関係なく、ガラス板1枚につき250zł。注意:オフシーズンの冬の間はアトリエでの撮影はお休みになります。春からのになります。
日本語にて予約等の問い合わせをしたい場合はZPOLSKIまでお問い合わせください。

8. LUBLOV

ルブリンを愛するクリエイティブチームによって、昨年5月にオープンしたコンセプトストア「LUBLOV」。ルブリンの若手グラフィックデザイナー、アーティスト、職人たちのプレゼンテーションの場としても活用できる多目的スペースとショップになっている。

店内にはミッドセンチェリーのポーランド家具がおかれ、レトロで親しみやすい空間では彼らのオリジナルのプロダクトや、アーティストとのコラボ商品なども。また、ポーランド国内においても高い評価を受け、いずれも80年代生まれのルブリン出身グラフィックデザイナーのMICHAŁ BEDNARSKI、JACEK RUDZKI(Znajomy Grafik)、PAWEŁ RYŻKOの限定ポスターが購入することができたりと、ポーランドのグラフィックシーンに興味があればぜひ足を運んでもらいたい。

info:
LUBLOV 
ul. Królewska 13
20-109 Lublin

9. Madragora

家族がユダヤ人のルーツを持つオーナーのポーランド人女性イザベラさんが13年前に開いたユダヤ料理レストラン「Mandragora」。いまではルブリンの中で最も有名なユダヤ料理レストランとなり、コーシャー対応の伝統的なユダヤ料理や、オーナーが厳選した美味しいイスラエルワインも楽しめます。

見逃せないのは、安息日である金曜日の夜8時30分から開催される、クレズマー(Klezmer)音楽のコンサート(無料)。クレズマーとは、中欧・東欧系ユダヤ(イディッシュ)のアシュケナジム系伝統音楽。かなりの頻度で出演している、ルブリンで最も評価の高いクレズマーバンドの「BERBERYS」は特におすすめ。彼らのイディッシュ語、ポーランド語、ヘブライ語による歌と音楽で一瞬で未知なる異国へと運んでくれ、きっと忘れられない夜になることでしょう。

info:
ユダヤ料理レストラン「Mandragora

10. Apartment and Hotel

最後に、ルブリンでのおすすめの宿泊先をご紹介。
旧市街地内の16世紀の建物にある「Apartment 22」は最高の立地にあるアパートメント。歴史を感じさせる建物からは想像できないほど、素敵な内装は2ベッドルームに、ミニラウンジ、キッチン、リビング、バスルーム。1人から最大4人まで宿泊可能。オーナーは、ユダヤ料理レストラン「Mandragora」のイザベラさん。

 

もうひとつは、ホテル「Hotel Wieniawski」。旧市街地やオペラ劇場にも近く、手頃な価格で快適な滞在ができます。オーナーがコレクションしているルブリンの古い写真をもとにオリジナルでつくられたお部屋の壁が印象的。どちらも1人1泊200złから。

これから注目したい「ルブリン」。ポーランドへ訪れることがあれば、ぜひ旅のプランに加えてみてください

info:
Lublin travel


lublin03

ポーランド東部 ① ルブリン、今年で700年! 行くべき、見るべき10のこと

ポーランドの東、ウクライナ国境に近く東欧諸国のゲートともいえる都市ルブリン。ワルシャワから車、電車で約3時間弱、西側諸国に近いポーランド西部とくらべると、経済発展が遅れていた東側は、15年前にはたった3軒しかホテルがありませんでした。 続きを読む


ZBIGNIEW CYBULSKI

追悼アンジェイ・ワイダ監督特集「ポーランド映画祭2016」開催!

先月、10月9日、“ポーランド映画の父”と呼ばれるアンジェイ・ワイダ監督の訃報が伝えられポーランド映画界のみならず、世界各国で深い悲しみにつつまれました。5年目を迎える「ポーランド映画祭2016」では急遽プログラムを変更、開催期間も1週間延長し、《追悼アンジェイ・ワイダ監督特集》としてアンジェイ・ワイダ監督の代表作10作品の上映と、監督の影響を受けて育った若手監督の最新作のあわせて17作品が上映されます。

top写真:アンジェイ・ワイダ監督『灰とダイヤモンド』©STUDIO FILMOWE „KADR”

 アンジェイ・ワイダ監督は、生涯を通して40本もの映画作品を生み出しました。10代半ばにレジタンス活動に従事し、第二次世界対戦後にウッチ大学に入学、1954年にはレジタンス体験をもとにした長編映画『世代』を監督します。そして『地下水道』『灰とダイヤモンド』とあわせた「抵抗3部作」は国際的な評価を得ました。政治と歴史に向き合いながら、祖国ポーランドを舞台とした数々の名作を作り世界各国に多くの影響を与えてきました。

映画祭の初日となる11月26日(土)16:20からの回では、「アンジェイ・ワイダ監督追悼プログラム~ワイダは語る~」と題し、ワイダ監督からのメッセージ映像や上映後にはトークイベントを行う特別イベントを予定。さらに、今年の9月末にワイダ監督の自宅にて撮影した『仕返し』『菖蒲』『戦いの後の風景』『夜の終りに』についての映像メッセージが、それぞれの作品上映前に上映される予定になっています。

ポーランドの最新映画を紹介する《ポーリッシュ・シネマ・ナウ!》では今年ポーランドでも話題となった、カルト的人気を誇る画家ベクシンスキーの実話をもとにした『最後の家族』(ヤン・P・マトゥシンスキ監督/2016)や、民主化されたばかりの1990年のポーランドを舞台に、時代に奔放される女性の欲望と恐怖を見事に描いた『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ラブ』(トマシュ・ヴァシレフスキ監督/2016)のほか、末期ガンに冒された女性ヨアンナが残さ れた息子との日常を追ったドキュメンタリー『ヨアンナ』(アネタ・コパチ監督/2013)等これまで日本で上映できなかった作品が披露されます。

また、11月はポーランドの月としてポーランド文化を都内で体験できるイベントが開催されています。音楽イベントやブックフェア等ぜひこの時期にポーランドの文化に触れてみてください。

:ポーランド映画祭2016
2016年11月26日(火)から12月16日(金)3週間限定
シネマート新宿にて開催
www.polandfilmfes.com


barszcz

ポーランド料理の旅へようこそ『ポーランド料理道』 全148ページ日本語版オンラインにて無料公開

今年、ワルシャワの出版社Hanamiから出版された『ポーランド料理道』。日本語では初となるポーランドの食の歴史、食材、レシピまで知ることができる唯一の本。全148ページがオンラインにて無料で公開されています。

『ポーランド料理道』全148ページ日本語版はこちら 続きを読む


lrs_nero_2

ワルシャワ発・グリナシュ スタジオ(Grynasz Studio )による 職人×デザイナー Elements展 Tokyo Design Week 2016

東京デザインウィークのメインテント・Creative Life内にてポーランドのデザインスタジオによる展示会、《”Elements”  an exhibition of Grynasz Studio design》が11月2日~7日まで開催されます。 続きを読む


kultowe-formy

老舗クリスタルガラスJulia(ユリア)の新たな実験 デザイン&プロセス

クリスタルガラスの製造の地で知られるポーランド南西部ドルヌィ・シロンスクにて、創業150年の歴史をもつ老舗クリスタルガラスメーカーJulia(ユリア)社。シレジア地方特有の複雑な歴史のなか柔軟性をもちながら、素晴らしいガラス製造の伝統を築きあげています。

今月開催された、ポーランド最大のデザイン見本市ウッジデザインフェスティバル2016(ŁDS2016)でユリア社は全く新しいタイプのプロダクトを披露。かつて19世紀にはヨーロッパや米国の王室や貴族の屋敷へ届けられ、伝統的な装飾カットが印象的なユリア社のクリスタルガラス。こういった新しいプロダクトの発表の流れはポーランドの伝統工芸でもあるガラス芸術の新たな挑戦でもあり、大胆で斬新な試みともいえます。

THE METROPOLIS
metropolisシンプルにまっすぐに流れる線、クリスタルにくっきりと彫られた平行な模様。その垂直の装飾が多くの光を集め、テーブルの上で輝く都会のネオンのように、その時々に違った輝きをみせてくれる。Designed by: Sebastian Pietkiewicz

THE CULT FORMS

かつてのミルク瓶、ビールやウォッカ、キュウリのピクルスのためのボトルをクリスタルガラスで再現。古典的でノスタルジックなフォルムや装飾アクセントがとっても新鮮。Designed by: Sebastian Pietkiewicz


THE PATCHES

latki伝統的なクリスタルガラスの概念を否定したシリーズ。まるで無秩序にパッチされたような装飾カットがとてもユニーク。Designed by: Sebastian Pietkiewicz

THE ETHNO
etno古典的なガラスカットを用いながら、ポーランドの民族アートをミニマムに表現したシリーズ。Designed by: Elżbieta Trzewiczek-Pietkiewicz

 ユリアのクリスタル工場では、観光客にも開放されておりハンドメイドによる制作プロセス見学、ガラスの秘密のガイドツアーなどが開催されています。

また現地では大人から子供まで参加できるワークショップも開かれています。ぜひポーランドにお越しの際には、シレジア地方に足をのばしてクリスタルガラスの世界、ポーランドの伝統産業に触れてみるのはいかがでしょう。

Huta Julia
ul. Żymierskiego 73, 58-573 Piechowice, Poland
http://crystaljulia.com/en/

 


ewatop

失われたアートの復活ーエヴァ・ユシュケヴィッチ(Ewa Juszkiewicz)の新作

奇妙なマスクや歪んだ顔、19世紀の古典的な宮廷肖像画を再解釈し、一度みたら忘れられない独特の肖像画シリーズが記憶に新しい、エヴァ・ユシュケヴィッチ(Ewa Juszkiewicz)

ワルシャワのギャラリーlokal_30にて開催中のグループ展’”Gauguin’s Syndrome(ゴーギャン症候群)”では、エヴァ・ユシュケヴィッチの新しいシリーズーー戦争中に盗まれた、もしくは焼失され行方不明となった芸術作品のアーカイブ写真を基に描かれたーー作品をみることができる。

(写真左)Untitled, 2016 Oil on canvas/40 × 30 cm 高さ19cmのドリスデンのザクセン磁器の小さな像は、1872年以降に製作されたもの。1943年にパリもしくはアムステルダムにて消失。(写真右)Untitled (after Otto Freundlich),ポーランド出身の画家・彫刻家オットー・フロイントリッヒ(Otto Freundlich/1878-1943)は、ピカソやブラックとならびヨーロッパの非具象派芸術の先駆者でした。作品の大部分はナチスによって破壊され、1943年にポーランドの収容所で亡くなりました。

(写真左)Untitled, 2016 Oil on canvas/40 × 30 cm  高さ19cmのドリスデンのザクセン磁器の小さな像は、1872年以降に製作されたもの。1943年にパリもしくはアムステルダムにて消失。(写真右)Untitled (after Otto Freundlich),画家・彫刻家オットー・フロイントリッヒ(Otto Freundlich/1878-1943)は、ピカソやブラックとならびヨーロッパの抽象芸術の先駆者。作品の大部分はナチスによって退廃芸術とみなされ破壊され、さらにユダヤ人であったオットーは1943年にポーランドのマイダネク収容所で処刑される。

失われた作品は絵画だけでなく、オブジェや彫刻も含まれる、それらの画像は膨大な過去の写真アーカイブから、とくにエヴァ自身の個人的な経験と関連するものを選び、イメージを拾いだしながら”失われたアート”を再解釈。作品が失われた状況より、むしろ作品のもつオーラを復元することにフォーカスしたという。

戦前からポーランドの前衛芸術家として活動していたカタジナ・コボロ(Katarzyna Kobro1898 - 1950 )の彫刻Nude(4)をもとに描かれた。作品は1931-33の間に製作されているが、おそらく展示されたのは、1932-34の間のみで、ほかの彫刻作品とともに消失している。

戦前からポーランドの前衛芸術家として活動していたカタジナ・コボロ(Katarzyna Kobro1898 – 1950 )の彫刻”Nude(4)”をもとにして描かれた。コボロの彫刻は1931-33の間に製作されているが、おそらく展示されたのは、1932-34の間のみで、ほかの彫刻作品とともに消失している。

下の写真でみられるのはマックス・ペヒシュタイン(Max Pechstein, 1881-1955) の未だ行方不明となっている作品「ぶどうの収穫」をもとにして描かれたもの。

Untitled (after Max Pechstein), 2015 Oil on canvas/170 × 150 cm

Untitled (after Max Pechstein), 2015
Oil on canvas/170 × 150 cm

この作品の所有者は裕福なユダヤ人の靴メーカーだった、アルフレッド・ヘス(Alfred Hess 1879-1931)。ヘス家では4,000以上の現代美術コレクションがあり、ほとんどの作品はアーティスト自身から直接購入していました。1931年、アルフレッドの突然の病死と同時に、ナチス政権の締め付けが厳しくなります。美術コレクションの管理は、残された妻テクラと息子のハンスが引き継ぎますが、1933年、ベルリンにあるハンスの自宅はナチスにより略奪されます。その後、ハンスはパリ、ロンドンへと移住を余儀なくされ、母親のテクラは美術作品を守るためにドイツに残ります。

1933年、テクラは美術作品をスイスのバーゼル私立美術館に送ることでコレクションの大部分を保護することができました。当時のゲシュタポは現代美術を「退廃芸術」とみなし押収していました。1939年、ドイツ当局は、テクラに美術作品を海外から戻すよう脅し、作品のいくつかは不法に販売されドイツ外に密輸されます。テクラはケルンの美術連合を頼り、残りの美術作品とともにロンドンへ移住します。1947年に連合に連絡をとると、作品の貯蔵施設は爆撃され除去され、もしくは盗まれ、ほとんどが失われていました。テクラのお気に入りだったーーマックス・ペヒシュタインの「ぶどうの収穫」も未だ行方がわからないままーーとなっています。

喪失とその背後にあるストーリー、彼女自身の個人的な経験と重ね合わせて選んだ失われた作品。芸術のもつ普遍性、トーンの低い色彩のなかに隠された、激しさと美しさと静かな存在感。失ったものを復元するという行為は、ノスタルジックな忘却との闘いでもあり、破壊と創造の間にある緊張感が強く表現されている。展示は2016年11月23日まで。

FILIP BERENDT, EWA JUSZKIEWICZ, KATYA SHADKOVSKA Gauguin Syndrome 
2016年9月23日から11月23日まで
lokal_30
Wilcza 29a/12 (5th floor)
Warszawa

また、こちらの書籍『ポーランドの前衛美術 生き延びるための「応用ファンタジー」』は、日本で唯一の戦後のポーランドにおける前衛美術から21世紀の現代美術までを紹介する稀少な本。歴史に翻弄されながらも優れた作家を生み出したポーランド。丹念に考査されている本書は、前衛美術の軌跡をたどり、学びたいひとにもおすすめしたい保存版ともいえる。また、今回の展覧会でもこちらの本を読むことで、より一層深く面白く作品をみることができる。

polishavantgardeart

ポーランドの前衛美術     生き延びるための「応用ファンタジー」
著者: 加須屋明子
出版社: 創元社
定価: 3,672円 (税込)


 


nichts magazin top

新アートマガジン、”Nichts Magazine” 51人のアーティストによる65のアートワーク全72ページ、オンラインで公開

ポーランド発の新しいアートマガジン”Nichts Magazin(ニッツ マガジン)”の第一弾がオンラインにて無料公開されました。ポーランドのアーティストを中心に、52人のアーティストが参加しています。


テキストはあえてアーティスト名と作品タイトルといったようにごくわずかな情報しか与えられません。発行者はアート、グラフィック、印刷業界を専門に活動する人々からなる謎めいた集団、Nichts Gruppe(ニッツ グルッペ)。任意の機関や政府の支援なしで、あくまでもアーティストと編集者による自由な創造に基づきながら制作され、作品に対する批評や経歴、概要などをあえて排除しています。

現在、印刷バージョンの制作を進めているなか、”Nichts Magazin #2”の発表もまもなくとのこと。まずは第一弾をご覧ください。前回のギャラリーにてご紹介したアガタ・クスの作品も掲載されています。

info:
nichtsma​​gazin.pl