reiko jaszczuk のすべての投稿

imamuraryosuke

今村遼佑「くちなしとジャスミンのあいだに」

現代美術作家の今村遼佑さんは2016年夏から1年間、ポーラ美術振興財団の助成を受けてワルシャワに滞在。滞在中は国際的に活躍するポーランド作家のミロウワフ・バウカ(Mirosław Bałka)のゼミに通いグループ展に参加したり、ワルシャワ美術アカデミーの学生とのワークショップや、Arman Galstyan Galleryで二人展を行うなどしてきた。

今回、帰国後初となる個展「くちなしとジャスミンのあいだに」が京都にて12月12日(火)から17日(日)まで開催。個人、他者、環境をめぐる感覚と記憶をテーマにワルシャワ滞在中に制作された映像等をくみあわせたインスタレーションが展開される。

ワルシャワの街の香水屋を訪れ、ジャスミンの匂いの香水を集めていく映像。2017年5月Arman Galstyan Galleryでの展示風景より。©️Ryosuke Imamura

ワルシャワの街の香水屋を訪れ、ジャスミンの匂いの香水を集めていく映像。2017年5月Arman Galstyan Galleryでの展示風景より。©Ryosuke Imamura

前回の個展「降り落ちるものを」(2016)で登場したのは”沈丁花の匂い”。季節は夏になり、場所はポーランドにうつった。くちなしの匂いが好きだという今村さんは「ジャスミンの匂いがくちなしの匂いに似ていること、その匂いから想像するものは現地の知人たちとの間に差はあるが、しかしその違いを含みながらも、何かを共有できた気がした」という。そこから発想を得て制作した映像では、今村さんがまるで蜂のように、ジャスミンの香水を求めてワルシャワ中の香水屋を渡り歩いていく。

自身が映像出演するという作品はいままでになかった。これに至ったのは、ウジャドゥスキー城現代美術センターでのワークショップと展示で自己のパフォーマンスが求められたり、バウカのゼミでの課題のプレゼンテーションでもある種のパフォーマンスを実施するなどといった、ポーランド滞在中での活動経験が影響しているという。

ワルシャワの街のネオンサインを撮り集め、コラージュのように文字を再構成したテキスト。様々なものの合間にある境界の曖昧さについて語る。©Ryosuke Imamura

ワルシャワの街のネオンサインを撮り集め、コラージュのように文字を再構成したテキスト。様々なものの合間にある境界の曖昧さについて語る。©Ryosuke Imamura

もうひとつの映像ではワルシャワの街の中のネオンが登場する。今までにも「辞書と街灯」 、「森と街灯」といった作品があるように、街灯は今村さんの作品に欠かせないモチーフのひとつ。ここでは、ワルシャワの街中にあるネオンと街灯がキャストとなる。

戦争中にほぼ完全に破壊されたワルシャワ。戦後共産主義時代に広告規制が厳しいなか、グレーの街並みのなかでネオンだけが色鮮やかだったといわれ、50年代から70年代は「ネオンライトの黄金時代」と呼ばれる。90年代に入り民主化とともに、ネオンサインは終息を迎えることになるが、21世紀になってから、アヴァンギャルドなネオンサインの美しさが見直される。そして現代のワルシャワの街中ではネオンサインのデザインが復刻、あるいは修復され、古いネオンは美術館へ収集されるようになっている。

2017年5月Arman Galstyan Galleryでの展示風景より。©Ryosuke Imamura

2017年5月Arman Galstyan Galleryでの展示風景より。©Ryosuke Imamura

今村さんは、ワルシャワの夜の街を歩きながらネオンサインに惹かれ、街中のネオンの写真を撮り集める。そしてコラージュのように文字を再構成し、モノローグのようなテキストが映像の中に浮かびあがる。

会場では実際に映像の中で集められた香水が散布され、空間に入ってきた観客は、匂いをまず感じながら、その中で作品を見始めることになるという。これは<嗅覚により他者と共有できるもの>をベースにしながら作品を鑑賞するという形を意図しているもの。会場に実際に訪れたひとだけに残る感覚や匂い、それらの体験は記憶となり、何気ない日常に不思議な感情を呼び起こしてくれるものになるに違いない。

今村遼佑「くちなしとジャスミンのあいだに」
場所:アートスペース虹
期間:2017年12月12日(火)~17日(日)
開廊時間:11:00 〜 19:00 (最終日は18:00まで)
所在地:京都市東山区三条通神宮道東入ル東町247

今村遼佑(Ryosuke Imamura)
1982年京都府生まれ。現代美術家。more info


OVER#02 • OVER • 2016 • KK0008VR02K1©Kacper Kowalski

見たことのない冬景色。待望の新刊、空中写真家カツペル・コヴァルスキ『OVER』

20年以上前から空に魅せられ、パイロットの資格をもちパラグライダーを専門にパラモーターを駆使してポーランドの空の上から撮影し続けてきたカツペル・コヴァルスキ(Kacper Kowalski)。写真は全て無修正で俯瞰で撮影された風景は、特別な観光地ではなく、普段生活しているポーランドの故郷の郊外である。わたしたちに驚きの感情を与えた風景写真は2014年に『Side Effects』として刊行された。

今年11月に出版された新刊『OVER』では詩的な雪景色が収められている。冬のパラグライディングはテクニックを要し危険でもあり、費用もかかるが彼は冬景色に魅せられた。世界が雪で覆われたとき地上は白いキャンバスとなり、霧の中には水平線がなく、カツパルはかつてない可能性を感じ個人的な感情を取り入れた新しい表現を試みた。地平線を横切ることができる人にしか見えない視点が写しだされている。

 当時彼が撮影始めたころは、デジタルカメラもなくドローンもなかった。なにより自身が空を飛ぶことに夢中になり、風の味や香りを感じながら季節の移り変わりをカラダ全体で感じることで、そして数時間、空中で過ごすことで空気の一部になったような感覚を得たという。時は流れ、技術開発が進み、かつては無人だった空間にはドローンが飛びかうようになる。彼は未知の視界を伝える使命に疑問をもつが、最も厳しい気象条件、冬の空に戻ってきた。

OVER by Kacper Kowalski from FuriaFilm on Vimeo.

現在ウィーンでも『OVER』展が2018年1月31日まで開催中。初回エディションは800部、オンラインでも購入可能なのでぜひチェックしてみよう。
over_photobooks

Kacper Kowalski www.kacperkowalski.pl
OVER – a photo book
デザイン: Anna Nałęcka – Milach / Tapir Book Design
サイズ:235x310mm /98頁
ソフトカバー

ウィーンの<Anzenberger Gallery>でKacper Kowalski『OVER』展が開催中。
開催期間:2017年11月16日~2018年1月17日
(水曜~土曜日 午後1時~6時)
所在地:Brotfabrik Wien, Absberggasse 27, 1100 Vienna, Austria

関連リンク:カツペル・コヴァルスキ Kacper Kowalski 空中写真<Side Effects>


ペットボトルのジャングルが見せてくれる夢 re4rest (リフォレスト)

リサイクルゴミとして捨てられていくペットボトルやプラスチック容器をつかい熱帯雨林に生息する植物たちを見事なまでに再現。ポーランド人アーティスト、カリーナ・クロラック(Karina Królak)と、パトリツィア・スミルノフ(Patrycja Smirnow)による「re4rest(リフォレスト)」プロジェクトでは使い捨てのペットボトルが新しい種となり、エネルギー与えてくれるオブジェに生まれ変わりました。

写真左からパトリツィア・スミルノフ(Patrycja Smirnow)と、カリーナ・クロラック(Karina Królak)

写真左からパトリツィア・スミルノフ(Patrycja Smirnow)と、カリーナ・クロラック(Karina Królak)

今年の初めにスタートした「re4rest(リフォレスト)」プロジェクト。スタジオいっぱいに集められたペットボトルやプラスチック容器。実在する熱帯雨林の植物を忠実に再現するため、植物図鑑等を参考にしたという。 続きを読む


polishfilm2017_01

名作から新作まで。今年も注目作が勢ぞろい「ポーランド映画祭2017」開催!

6年目を迎えるポーランド映画祭。今年は開催場所が東京都写真美術館ホールになり、巨匠たちの傑作から若手作家の最新作まで映画祭史上最大の作品数となり魅力的なラインナップが揃っています。

top photo :『アート・オブ・ラビング』©TVNSA,Orange Polska SA,Next Film,Plast Service Pack

ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督が亡くなってから1年。追悼の意を込めて遺作を含む3作品、『コルチャック先生』『カティンの森』『残像』が上映されます。また、“ポーランド派”の中でも異色の存在として知られるカヴァレロヴィッチ監督の没後10年追悼記念として『夜行列車』を含む4作品がデジタル・リマスター版で上映されます。

『夜行列車』イエジー・カヴァレロヴィッチ監督没後10年を記念してデジタル・リマスター版で上映される。

『夜行列車』イエジー・カヴァレロヴィッチ監督没後10年を記念してデジタル・リマスター版で上映される。

 ボグダン・ジヴォルスキの傑作ドキュメンタリー


これまで日本では紹介されていなかったドキュメンタリー作家ボグダン・ジヴォルスキの短編ドキュメンタリーがはじめて紹介されます。ニュース映画の撮影技師からキャリアをスタートし、スポーツ競技等のドキュメンタリーを監督し世界的な評価を得たジヴォルスキは劇映画の撮影監督としても成功をおさめました。12月2日16:00と、12月12日19:00の回にて彼の代表作5つの短編が5作品同時上映されます。

画家ベクシンスキー特集

昨年見逃した方にぜひ見てもらいたいのが、カルト的人気を誇る画家ベクシンスキー(1929ー2005)の実話を基に描かれた衝撃作『最後の家族』(ヤン・P・マトゥシンスキ監督/2016)。また、ベクシンスキーと息子トメックの複雑な関係を描いたドキュメンタリー『ベクシンスキー家の人々・映像と音声のアルバム』(マルチン・ボルハルト監督/2017)が日本初公開。ベクシンスキー家所蔵の未公開音声・映像・画像によって詳細に再現されています。

ポーランド映画の最前線

ポーランド本国で話題をよんだ最新作のなかから、日本未公開作品を紹介する《ポーリッシュ・シネマ・ナウ!》。31歳新鋭監督の衝撃作『 プレイグラウンド』(バルトシュ・M・コヴァルスキ監督/2016)では、10代の主人公たちが過ごす一日を通して暴力のメカニズムと悪の根源を問いかけます。

『アート・オブ・ラビング』(マリア・サドフスカ監督/2017)では、70年代の社会主義政権下のポーランドで700万部のベストセラーを記録した大人の性教育書、著者のミハリナが厳しい検閲と闘いながら出版するまでの長い闘いの物語を描いています。

ほか「アウシュヴィッツの聖者」と呼ばれたカトリック司祭マクシミリアン・コルベの数奇な運命を、記録映像と再現映像を組み合わせた ドキュ=フィクションの手法で映画化した『二つの冠』(ミハウ・コンドラト監督/2017)など見逃せない作品群が揃っています。

また、11月はポーランド文化を身近に感じられるフェアが都内各所で開催。音楽イベントやブックフェア等ぜひこの時期をお見逃しなく!(イベント詳細は映画祭ウェブサイト内<チラシPDFダウンロード>をご覧ください)

:ポーランド映画祭2017
監修/イエジー・スコリモフスキ監督
2017年11月25日(土)から12月15日(金)までの3週間限定
東京都写真美術館ホールにて開催!
(11月27日、12月4日、12月11日は休館のため上映なし。12月3日は休映)
www.polandfilmfes.com


¥€$U$_pawel_jaszczuk_06

パヴェウ・ヤシュチュク Paweł Jaszczuk <¥€$U$(ジーザス)>

パヴェウ・ヤシュチュク Paweł Jaszczuk:ワルシャワ出身。オーストラリア・シドニー留学を経て、2004年ー2012年まで日本に滞在、現在はワルシャワ在住。東京での一連の活動は「Salaryman」(モレルブックス/イギリス)、「Kinky City」(Dienacht Publishing/ドイツ)、「Everything you do is a balloon」(Lieutenant Willsdorff出版/フランス)で見ることができる。

故郷に戻ってからの新しいシリーズ<¥€$U$(ジーザス)>では最も”ポーランド”なテーマ=イエス・キリストに取り組んだ。カトリック国家ともいえるポーランドは国民の90%以上がカトリック教徒といわれているが、このシリーズでは宗教観を問いているのではない。

¥€$U$_pawel_jaszczuk_15

偶然見つけた十字のポケットナイフが最初の一連のシリーズ作成のインスピレーションのきっかけに。

ジーザス、マリアーー宗教的なシンボルを施した様々なアイテム。そこには、精神的に”商業”が混在し「¥€$U$」というタイトルロゴで完全に表現されている。パヴェウは、数年間かけて世界中のeBay、Etsyや他オンラインショップを通じて、ジーザスに纏わるアイテム、とりわけグロテスクなものを買い集めていく。現代のポップカルチャーにおけるキリストを表現することで、積極的な資本主義の時代に「神聖なアイコン」の意味する疑問を提起。世界における宗教と資本主義の超現実的な結婚ーシュールな世界をつくりだしている。

現在ワルシャワのライカギャラリーにて個展「¥€$U$」が2017年12月3日まで開催中。

Paweł Jaszczuk「¥€$U$
開催期間:2017年10月28日〜12月3日(月〜土10:00-20:00 / 日12:00-18:00)
Leica 6×7 Gallery Warsaw 
Mysia 3 Street, 2nd floor
入場無料

more info http://paweljaszczuk.com
http://warsaw.leica-gallery.pl


photo by Monika Magdalena Zając

ポーランド南部・カトヴィチェ、建築デザインスポット8選

 ポーランドを代表する工業地域としても知られるポーランド南部のカトヴィチェ(Katowice)。かつては炭鉱の街として発展してきたことで、戦後の環境汚染が深刻な問題になったことも。その後、石炭の使用減少や公害の原因となる工場が閉鎖していくなかで徐々に改善。現在では観光都市・文化都市として進化しています。

高速列車ペンドリーノ(EIP)を利用すれば、ワルシャワからは約2時間半。カ トヴィチェの魅力のひとつが新旧の建築群です。EU資金の恩恵によりポーランド全土に文化施設が建てられているなか、カトヴィチェでも建築ラッシュが続きました。ここではバウハウス型モダニズム建築から現代建築まで、おすすめの建築スポット8つご紹介します。top photo by Monika Magdalena Zając

01 カトヴィチェ国際会議センター(Katowice International Conference Centre/ ICC)

photos via http://jems.pl/

ワルシャワを拠点とする建築家集団 JEMSによって2015年に建てられたカトヴィチェ国際会議センター(ICC)。傾斜面、屋根、階段、テラスは緑色で覆われています。自然とアバンギャルドを結びつけ、重工業で発展してきたカトヴィチェのイメージを柔らかく、未来を見下ろす新しい建築景観が生み出されました。 http://www.mckkatowice.pl/en/
所在地:plac Sławika i Antalla 1, 40-166 Katowice

02 シレジア美術館(Silesian Museum Katowice)

photo by Silesian Museum Katowice

1929年に設立されたシレジア美術館。戦後1986年に修復され、2007年より新館を建設プロジェクトが開始、2015年に完成。1999年に閉鎖された炭鉱の跡地に建設され、かつてのポストインダストリアルの風景を損なわないよう、建物はガラスキューブの構成のみ、代わりに地下13メートルまでの展示スペースがつくられました。鉱山シャフトのタワーのシルエットはシレジアの風景の特徴的なシンボル。
https://muzeumslaskie.pl/pl/
所在地:Tadeusza Dobrowolskiego, Katowice, Poland

03 スポデク(Spodek)

photo by Spodek

UFOのような形状から、フライングソーサー(空飛ぶ円盤)を指す<Spodek>(ポーランド語でソーサーを意味する)とつけられた多目的アリーナ複合施設。建築は1964年から始まり1971年に完成。カトヴィチェの象徴的な存在でもある建物です。
http://www.spodekkatowice.pl/
所在地:Spodek, aleja Korfantego 35, 40-005 Katowice

 04 ポーランド国立放送交響楽団(National Polish Radio Symphony Orchestra)

ポーランド国立放送交響楽団 photo by National Polish Radio Symphony Orchestra

ポーランド南部シレジア地方出身の建築家Tomasz Koniorによって2014年に完成。シレジアの伝統的な建築に由来した赤いレンガで覆われたオブジェクト。またこの形状により、優れた音響を備えた建物の中心にあるグランドコンサートホールは、建物の内にある建物として機能し、外部からの音は届かなくなります。
http://www.nospr.org.pl/en/
所在地:plac Wojciecha Kilara 1, 40-202 Katowice

05 スーパーユニット (Superjednostka・Superunit)

インディペンデント出版社Zupagrafikaから発売されている戦後モダニズム建築ペーパーカットコレクションより

世界で初めての巨大住宅建築といえば、ル・コルビュジエ(Le Corbusier)の作品のひとつユニテ・ダビタシオン(Unité d’Habitation)。60年代のポーランドにおいても多くの影響をあたえました。このポーランド最大のアパートメントはこのアイデアを拝借し建設は1967年にはじまり、1972年に完成。長さ187.5メートル、地上15メートル、地下200軒のガレージ。 762のアパートでは最大3千人まで住むことができます。

 ワイダスタジオにて制作されたショートフィルム<Superunit>


所在地:aleja Korfantego 24, 40-001 Katowice

06 CINiBA(Information Centre and Academic Library )

photo by Jakub Certowicz / CINiBA

ここでも使用されているシレジア地方特有の工場用の赤レンガ。ワルシャワのHS99スタジオによって2011年に建てられました。幾何学的に配置された4000もの垂直な窓により、昼光と夕暮れ後では異なる印象を与えます。
http://www.ciniba.edu.pl
所在地:Bankowa 11, Katowice, Poland

07 住宅地 Osiedle Tysiąclecia

中心地にそびえ立つトウモロコシ型のビル photo by Monika Magdalena Zając

 カトヴィチェの北西部にあるポーランド最大の集落。ポーランドの建築家であり都市計画者でもある著名なヘンリク・バススコ(Henryk Buszko)も開発チームの重要なひとりであり、最も有名な作品のひとつ。この大規模な開発は50年代後半から行われ、その中心地には80年代後半に建築されたトウモロコシ型のブロックビルが並ぶ。この開発地域にはカトヴィチェの人口の8%が住んでいるといわれています。
所在地:Osiedle Tysiąclecia

 08ーカトヴィチェの歴史地区 Nikiszowiec

photo by Monika Magdalena Zając

photo by Monika Magdalena Zając

カトヴィチェ南に位置するかつての鉱業地帯。1910年に炭鉱の労働者とその人々の家族のため、伝統的な建築様式に基づいて建てられた、レンガ造りの住宅地。2000年初期には、軽犯罪が起こるような少し危険な地域でしたが、2011年に歴史的モニュメントとして認められました。そして、いまでは古い街なみに魅了されたアーティストが集まりだし、多くの文化イベントが行われ、当時の面影を残しながら歴史を体感できるとして、観光客があつまるようになっています。

所在地:40-423 Nikiszowiec, Katowice, Poland


ボレスワヴィエツ陶器のリズム

日本でも人気の高いポーリッシュポタリー。ポーランド南西部の陶磁器の街<ボレスワヴィエツ(Bolesławiec)>でのセラミック生産は2世紀にわたって続いています。ボレスワヴィエツ陶器のマニュファクトラ社(Manufaktura Boleslawiec)とワルシャワとクラクフの間にある街、ケルチェのデザイン研究所(Instytut Dizajnu w Kielcach)が主催した展覧会<Akord. Praca, precyzja, produkt ・コード(和音)。仕事、精密、製品>がウッチデザインフェスティバル2017(10月3日~8日)にて開催されました。 続きを読む


weronika00

ヴェロニカ・ゲンシツカ WERONIKA GĘSICKA

ヴェロニカ・ゲンシツカ WERONIKA GĘSICKA:1984年ヴウォツワヴェク(Włocławek)出身。ワルシャワ在住。写真家・アーティスト。ヴェロニカはワルシャワの芸術アカデミーのグラフィックを専攻し、同時にワルシャワの写真アカデミーを卒業。

<Traces /痕跡>シリーズでは、1950年から60年代にかけてのアメリカの匿名のアーカイブ写真を歪ませることによって超現実的で不安定なイメージをつくりだした。 続きを読む