lublin01

ポーランド東部 ② ルブリン、今年で700年! 行くべき、見るべき10のこと

>>>前回の記事

ルブリンはポーランド東部で最大の学生の街。優れた医大や大学があり学生の数は約100,00人以上、そのうちの6割は米国と近隣諸国からの留学生で構成されています。

異文化が混じり合う学生社会において、クリエイティブに国境はなく、ここ数年の間に急速に活気づいているのは、この学生たちの力もあるのでしょう。街を散策すれば、従来のスローライフはそのままに、地元の人々が街を愛し、一人一人のポジティブなエネルギーが感じられます。そんな街中でみつけたルブルンの新たな側面を感じるおすすめスポットを②でお伝えします。 続きを読む


lublin03

ポーランド東部 ① ルブリン、今年で700年! 行くべき、見るべき10のこと

ポーランドの東、ウクライナ国境に近く東欧諸国のゲートともいえる都市ルブリン。ワルシャワから車、電車で約3時間弱、西側諸国に近いポーランド西部とくらべると、経済発展が遅れていた東側は、15年前にはたった3軒しかホテルがありませんでした。 続きを読む


ZBIGNIEW CYBULSKI

追悼アンジェイ・ワイダ監督特集「ポーランド映画祭2016」開催!

先月、10月9日、“ポーランド映画の父”と呼ばれるアンジェイ・ワイダ監督の訃報が伝えられポーランド映画界のみならず、世界各国で深い悲しみにつつまれました。5年目を迎える「ポーランド映画祭2016」では急遽プログラムを変更、開催期間も1週間延長し、《追悼アンジェイ・ワイダ監督特集》としてアンジェイ・ワイダ監督の代表作10作品の上映と、監督の影響を受けて育った若手監督の最新作のあわせて17作品が上映されます。 続きを読む


barszcz

ポーランド料理の旅へようこそ『ポーランド料理道』 全148ページ日本語版オンラインにて無料公開

今年、ワルシャワの出版社Hanamiから出版された『ポーランド料理道』。日本語では初となるポーランドの食の歴史、食材、レシピまで知ることができる唯一の本。全148ページがオンラインにて無料で公開されています。

『ポーランド料理道』全148ページ日本語版はこちら 続きを読む


lrs_nero_2

ワルシャワ発・グリナシュ スタジオ(Grynasz Studio )による 職人×デザイナー Elements展 Tokyo Design Week 2016

東京デザインウィークのメインテント・Creative Life内にてポーランドのデザインスタジオによる展示会、《”Elements”  an exhibition of Grynasz Studio design》が11月2日~7日まで開催されます。 続きを読む


kultowe-formy

老舗クリスタルガラスJulia(ユリア)の新たな実験 デザイン&プロセス

クリスタルガラスの製造の地で知られるポーランド南西部ドルヌィ・シロンスクにて、創業150年の歴史をもつ老舗クリスタルガラスメーカーJulia(ユリア)社。シレジア地方特有の複雑な歴史のなか柔軟性をもちながら、素晴らしいガラス製造の伝統を築きあげています。
続きを読む


ewatop

失われたアートの復活ーエヴァ・ユシュケヴィッチ(Ewa Juszkiewicz)の新作

奇妙なマスクや歪んだ顔、19世紀の古典的な宮廷肖像画を再解釈し、一度みたら忘れられない独特の肖像画シリーズが記憶に新しい、エヴァ・ユシュケヴィッチ(Ewa Juszkiewicz)

ワルシャワのギャラリーlokal_30にて開催中のグループ展’”Gauguin’s Syndrome(ゴーギャン症候群)”では、エヴァ・ユシュケヴィッチの新しいシリーズーー戦争中に盗まれた、もしくは焼失され行方不明となった芸術作品のアーカイブ写真を基に描かれたーー作品をみることができる。 続きを読む


real culture in Poland