タグ別アーカイブ: art

weronika00

ヴェロニカ・ゲンシツカ WERONIKA GĘSICKA

ヴェロニカ・ゲンシツカ WERONIKA GĘSICKA:1984年ヴウォツワヴェク(Włocławek)出身。ワルシャワ在住。写真家・アーティスト。ヴェロニカはワルシャワの芸術アカデミーのグラフィックを専攻し、同時にワルシャワの写真アカデミーを卒業。

<Traces /痕跡>シリーズでは、1950年から60年代にかけてのアメリカの匿名のアーカイブ写真を歪ませることによって超現実的で不安定なイメージをつくりだした。

写真はどのように過去を操作するのか、過去から物事を知覚する方法と、これらの記憶が時間とともにどのように進化するのかに焦点をあてている。匿名のストック写真に注目し、歴史が現在と混じり合うことで再解釈する。タイトルの<Traces /痕跡>とは「何かが存在した、もしくは起こったことを示すあとー兆候」。この痕跡は、作品の基礎となったアーカイブ写真であり、もう一方で、これらの写真を改ざんすることで彼女が残す痕跡でもある。

Tracesシリーズの一番最初の作品。女の子が男の子の肩の上に座りることで女の子をより支配的にすることで、新しい意味を与えた。all images / WERONIKA GĘSICKA

Tracesシリーズの一番最初の作品。女の子が男の子の肩の上に座り、男の子の顔はけされることで、女の子がより支配的な存在になり新しい意味を与えている。all images / WERONIKA GĘSICKA


半世紀前のアーカイブ写真をみると、完璧な家族やカップルの写真を見ることができる。たとえば、男性は仕事から戻り、ディナーはすでに用意され、子供たちは礼儀正しく、家庭での女性は完璧に見える。彼女はそのイメージを意図的に台無しにし、再編成することでステレオタイプを打破する。more info


ewatop

失われたアートの復活ーエヴァ・ユシュケヴィッチ(Ewa Juszkiewicz)の新作

奇妙なマスクや歪んだ顔、19世紀の古典的な宮廷肖像画を再解釈し、一度みたら忘れられない独特の肖像画シリーズが記憶に新しい、エヴァ・ユシュケヴィッチ(Ewa Juszkiewicz)

ワルシャワのギャラリーlokal_30にて開催中のグループ展’”Gauguin’s Syndrome(ゴーギャン症候群)”では、エヴァ・ユシュケヴィッチの新しいシリーズーー戦争中に盗まれた、もしくは焼失され行方不明となった芸術作品のアーカイブ写真を基に描かれたーー作品をみることができる。 続きを読む


nichts magazin top

新アートマガジン、”Nichts Magazine” 51人のアーティストによる65のアートワーク全72ページ、オンラインで公開

ポーランド発の新しいアートマガジン”Nichts Magazin(ニッツ マガジン)”の第一弾がオンラインにて無料公開されました。ポーランドのアーティストを中心に、52人のアーティストが参加しています。


テキストはあえてアーティスト名と作品タイトルといったようにごくわずかな情報しか与えられません。発行者はアート、グラフィック、印刷業界を専門に活動する人々からなる謎めいた集団、Nichts Gruppe(ニッツ グルッペ)。任意の機関や政府の支援なしで、あくまでもアーティストと編集者による自由な創造に基づきながら制作され、作品に対する批評や経歴、概要などをあえて排除しています。

現在、印刷バージョンの制作を進めているなか、”Nichts Magazin #2”の発表もまもなくとのこと。まずは第一弾をご覧ください。前回のギャラリーにてご紹介したアガタ・クスの作品も掲載されています。

info:
nichtsma​​gazin.pl


agata-kus

アガタ・クス Agata Kus

Agata Kus   アガタ・クス:1987年、クロスノ生まれ。クラクフ在住。クラクフの美術アカデミーの絵画学科にて博士課程を卒業後、2010年から2014年までポーランドの現代美術家Paulina Ołowskaのプライベートスタジオにてアシスタントを務める。ペインティング、ドローイング、ビデオの分野で活動。2015年、ブロツワフの国際メディアアートビエンナーレにて最優秀賞を含めた数多くの賞を受賞。 続きを読む


top

Tu czy tam? /ここで本を読む/ I Read Hear. 14人のポーランドの絵本アーティスト

前回の記事「8 places to see art in Warsaw・2016春」でも紹介したザヘンタ国立ギャラリーで開催中の「I Read Here. Contemporary Polish Illustration for Children」。絵本の世界のみならず、イラストレーターやグラフィックデザイナーとして活躍する14人のポーランド人アーティストがセレクトされ、今のポーランドにおけるイラストやグラフィックの世界を垣間みることもでき、子供から大人まで楽しめる企画になっています。 続きを読む


Salon nowej fotografii 2016

8 places to see art in Warsaw・2016春

イースターも終わり、ポーランドもやっと春の陽気になってきました。夏時間に切り替わり、この1週間ほどで午後7時くらいまで明るくなり、街歩きが楽しくなるこの季節におすすめの展示会をセレクトしました。旅をしたら、その土地のギャラリーや美術館にぜひ訪れてみて。アートにふれるだけでなく、その場所に行くまでの道のり、風景、そして建物や展示されている空間も楽しめます。初めて出会ったアーティストとの出会いがあなたの生活の特別なエッセンスになりますように。

続きを読む


WGW2015

ワルシャワ ギャラリー ウィークエンド 2015

ポーランドの現代アートシーンを短期間で巡ることができるイベント、ワルシャワ ギャラリー ウィークエンド 2015 (Warsaw Gallery Weekend 2015) が今日からスタート。ワルシャワの主要なギャラリーが今年も20以上参加しています。様々な世代から特に注目するポーランド現代アーティストの展覧会やパフォーマンス、ワークショップ等が繰り広げられます。 続きを読む


cover photo / ©Anna Grzelewska, UNTITLED from series Julia Wannabe

EVENT:FOUND NEW POLSKA _ Z POLSKI WEEK END IN TOKYO #01

7月24日(金)、25日(土)、東京・富ヶ谷「HERBPARIS」にてポーランド発信アートイベント・ポップアップストアを期間限定で開催!

ポーランドの次世代デザイナー・アーティストが繰り広げるファンタスティックで魅力あふれる世界。ウキウキするハンドメイドのプロダクト、インスパイアされるグラフィックデザイン、写真・作品を展示。ほとんどのアーティストは日本では初めてとなるプレゼンテーションです。「Z POLSKI」がセレクトした様々な分野のアーティストたちをぜひご覧ください。

続きを読む