タグ別アーカイブ: photography

photo: Paweł Pierściński, "Morning Exercises I", 1970

ポーランド現代写真家のオークション開催! “UNCOVERING. The Body in Polish Photography”

photo: Tadeusz Rolke, "Untitled (Małgosia)", 1970

photo: Tadeusz Rolke, “Untitled (Małgosia)”, 1970

12回目を迎えるFOTOGRAFIA KOLEKCJONERSKA主宰による、ポーランド現代写真家の展示とオークションが始まります。ポーランド写真界の巨匠から現在活躍するポーランド写真家の中でも注目のアーティストが選ばれています。 続きを読む


krakow00

Krakow Photomonth Festival 2014

クラクフでも最も重要なアートイベントのひとつとして地位を確立している、クラクフ写真月間フェスティバル(Krakow Photomonth Festival 2014)が今年も始まりました。これから1ヶ月に渡り、クラクフ市内の各美術館やギャラリーではイベントに合わせて写真の企画展やワークショップ等が開催されます。 続きを読む


Kacper Kowalski, EFEKTY UBOCZNE/SIDE EFFECTS

カツペル・コヴァルスキ Kacper Kowalski 空中写真<Side Effects>

カツペル・コヴァルスキ Kacper Kowalski :1977年、グダニスク生まれ。グディニャ在住。パイロットでもある空中写真家。グダニスクの工科大学にて建築を学び、建築家を経タ後、飛行と写真に専念する。ポーランドの農村地帯から都市で多くの航空写真を撮影。世界で多くの写真賞を受賞し、2013年からはウィーンのAnzenberger Galleryに所属。more info

カツペル・コヴァルスキは世界の空中写真家のなかでも最も注目されている写真家のひとり。今年、初の写真集「Side Effects」が出版された。

20年前からパラグライダーを初め、空を飛ぶこと魅せられたかつパルは自宅から半径80km以内の故郷の風景を空の上から撮影し、まるで絵画のような魅力的な作品をつくりだした。「飛ばずにはいられない」という彼が見せる光景は、私たちが経験したことのない風景がひろがる。

“Side Effects” – photo book
project curator: Agnieszka Jacobson-Cielecka
graphic design: Edgar Bąk
publisher: Rafał Łochowski
first edition, Warsaw 2014

Kacper Kowalski, EFEKTY UBOCZNE/SIDE EFFECTS

Kacper Kowalski, EFEKTY UBOCZNE/SIDE EFFECTS

size: 33.5 x 23 cm
no. of Pages: 132
language: English + Polish
edition: 1000
cover: hard
Leica STORE
Leica Gallery Warsaw

 


freetime

FREE TIME. PHOTOGRAPHS / 自由時間

写真家が撮影する公式の報道写真については政府や警察がコントロールしていた、ポーランドの共産主義時代。興味深い展覧会、<FREE TIME. PHOTOGRAPHS>がザヘンタにて開催中です。展覧会ではキャリアの大半をPRL(Polska Rzeczpospolita lidowa/以前の国名であるポーランド人民共和国)のために費やした6人の写真家の政府非公式ポートレートを紹介しています。
続きを読む


krakowie2013

Krakow Photomonth Festival 2013

5月16日からポーランドの古都クラクフで、クラクフ写真月間フェスティバル(Krakow Photomonth Festival 2013)が始まりました。これから1ヶ月に渡り、街のあちこちで20以上の各美術館やギャラリーでは写真の企画展が開催され、ワークショップやアーティストたちとのディスカッション、キュレーターツアー等の様々なプログラムが用意されています。 続きを読む