posterdesign

日本初・ロマン・チェシレヴィチの作品を一挙公開<鏡像への狂気>ギンザ・グラフィック・ギャラリー

ポーランドを代表するグラフィックデザイナー、ロマン・チェシレヴィチ(Roman Cieślewicz)。前衛的なグラフィックデザインの世界を切り開き、21世紀への引き金になった実験精神あふれる作品を一挙公開する<ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気>が5月15日(月)よりギンザ・グラフィック・ギャラリーにて開催される。

チェシレヴィチは、ロシア構成主義とバウハウスを学び、50年代後半はポーランド・ポスター芸術派として活躍。1959年から1963年まで、ポーランドの月刊誌『ty i ja』の芸術編集者を務めた。その後、パリに移り住み、ファッション誌の『ELLE(エル)』や『VOGUE(ヴォーグ)』、美術雑誌『Opus International(オピュス・アンテルナシオナル)』他多数の出版物のアートディレクターなどを務める。大胆で斬新なエディトリアルデザインは、フランスのグラフィックデザインやアート領域にも多大な影響を与えてきた。ポップなエディトリアルデザインだけでなく、ドイツのフォトモンタージュの巨匠、ジョン・ハートフィールドにインスピレーションを得た、ダークな風刺・皮肉な表現とともに独特の世界観を作り出した。

日本初となる本展では、ポーランド・ポズナン国立美術館の貴重な収蔵作品から、ポスター122点、コラージュ29点、雑誌・その他グラフィック作品38点を厳選して展示される。この機会をぜひお見逃しなく。

ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気
開催期間:2017年5月15日(月)~6月24日(土)
所在地:東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F / B1F
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
開場時間:11:00~19:00  
日曜・祝日休館/入場料無料

ギャラリートークのお知らせ

●5月15日(月)16:00~17:30
アンナ・グラボフスカ=コンヴェント

(ポズナン国立美術館ポスター・デザインギャラリー部門学芸員)
会場:DNP銀座ビル3F
お申し込みはこちら

●5月25日(木)6:30~20:00
矢萩喜從郎(本展監修/デザイン)
会場:DNP銀座ビル3F
お申し込みはこちら

::参加無料 要予約