Museum on the Vistula /   © Z POLSKI 2017

ワルシャワのシンボル<人魚(Syrena)>に出会う春

ワルシャワ市の紋章にもみることができる<人魚(Syrena)>は、街のシンボル。ヴィスワ川の人魚伝説しかり、昔から市民を守ってくれていると言われ、ワルシャワでは特別な存在。そのワルシャワにおける<人魚(Syrena)>との普遍的な関係性を深く掘り下げた「Syrena herbem twym zwodniczą / Beguiling Siren is Thy Crest」が開催されている。(6月18日まで)

Museum on the Vistula

古い車のインスタレーションは、1957年から80年代後半まで生産されていたポーランドの国産車であるSyrena(ワルシャワのシンボル人魚(Syrena)と同じ名前)を用いたもの。Jerzy Bohdan Szumczyk / The Warsaw Mermaid

会場は、2017年3月25日にオープンした新しいスペース<ヴィスワ川の美術館(Museum on the Vistula)>。ヴィスワ川のほとりに、浮かび上がるまるで白い箱のような建物は、オーストリアの建築家アドルフ・クリシャニッツ(Adolf Krischanitz )によって設計された。ウィーンのティッセン・ボルネミッサ現代美術財団(Thyssen- Bornemisza Art Contemporary–Augarten)から一時的に貸し出されたもの。美術館にはブックストアとカフェやテラスも併設され、またひとつワルシャワに素敵な空間が誕生した。

中央にある彫刻は、ベルリン在住でデンマークとノルウェー出身のアーティストデュオ、ELMGREEN & DRAGSETによる<He (Cooper Green) 2013, Sculpture>。

オープニングを飾るのにふさわしいこの展覧会のタイトルは、ポーランドの偉大な叙情詩人のひとり、ツィプリアン・カミル・ノルヴィッド(Cyprian Kamil Norwid 1821-1883)の詩”Dedication”から引用されたもの。ワルシャワ出身のノルヴィッドは、そのほとんどを異国で暮らし、孤独のなかパリで病死したといわれているが、故郷ワルシャワは彼のYouth(青春)の象徴だったのだろう。(アンジェイ・ワイダ監督の映画『灰とダイアモンド』のタイトルも、ノルヴィッドの詩から引用されている)美しく、せつない人魚姫の物語ともかけあって、詩的な世界観が会場を包み込む。

左は、ポーランドの画家Ewa Juszkiewicz による<Untitled (after René Magritte “The Collective Invention”) 2017 / oil on canvas>。ベルギーのシュールレアリスムの画家マグリットによる人魚は、下半身が人間で上半身が魚になっているが、この単純な変化によってさらに不可解な世界へわたしたちを導く。

ともあれ、2面性を持つといわれる人魚。その美しさとグロテスクな狭間で、”人魚”と”人”との間で揺れ動く。まるで水の底にいるような、あやふやな世界観のなかで、あなた自身の人魚に出会えるかもしれない。会場には、世界各国から50以上のアーティストの作品が展示されるほか、会期中には随時ワークショップやイベントも開催される。また、公式サイトにアクセスすると、全作品をみることができ、タップすると詳細がみれるようなインタラクティブなつくりになっているのでぜひアクセスしてみて。詳細はこちら

 Museum on the Vistula
「Syrena herbem twym zwodniczą / Beguiling Siren is Thy Crest」
開催期間:2017年3月25日ー6月18日
所在地:ul. Wybrzeże Kościuszkowskie 22, 00-390 Warsaw, Poland営業時間:火曜ー木曜日 12:00 – 20:00 / 金曜12:00 – 22:00 /土曜  11:00 – 20:00 /日曜  11:00 – 18:00

定休日:月曜日 
入場料:無料

 参加アーティスト:
Korakrit Arunanondchai, Evelyne Axell, Alex Baczyński, Zdzisław Beksiński, Louise Bourgeois, Eugène Brands, Agnieszka Brzeżańska, Bernard Buffet, Claude Cahun, Liz Craft, Edith Dekyndt, Christian Dietrich, Leo Dohmen, Drexcyia i Abdul Qadim Haqq, Elmgreen & Dragset, Leonor Fini, Ellen Gallagher, Malarz Goltyr, Justyna Górowska, Zdzisław Jasiński, Dorota Jurczak, Ewa Juszkiewicz, Birgit Jürgenssen, Tobias Kaspar, Marek Kijewski, Aldona Kopkiewicz i Mateusz Kula, Łukasz Korolkiewicz, Gina Litherland, Jacek Malczewski, Witek Orski, Sylvia Palacios Whitman, Pablo Picasso, Krzysztof Pijarski, Aleka Polis, Agnieszka Polska, Karol Radziszewski, Joanna Rajkowska, Carol Rama, Erna Rosenstein, Tejal Shah, Franciszek Siedlecki, Tomasz Sikorski, Penny Slinger, Juliana Snapper, Franz von Stuck, project „Warsaw’s Sirens” (Jacek Łagowski, Danuta Matloch, Katarzyna Opara), Alina Szapocznikow, Stanisław Szukalski, Jerzy Bohdan Szumczyk, Wacław Szymanowski, Dorothea Tanning, Wolfgang Tillmans, Tunga, Anne Uddenberg, Aleksandra Waliszewska, Wojciech Wilczyk, Hannah Wilke, Ming Wong, Marcelo Zammenhoff, Anna Zaradny, Artur Żmijewski.

ワルシャワには3つの人魚像があり、<ヴィスワ川の美術館(Museum on the Vistula)>の隣、コペルニクス科学センターを通り過ぎた先の、シフィエントクシスキ橋のふもとにも大きな人魚像<Pomnik Syreny nad Wisłą> をみることができるので、こちらも訪れてみよう。