IMG_3481 (1)

Karina Krølak カリーナ クロラックのジュエリーでもっと自由に

カリーナ クロラック(Karina Krølak)のジュエリーを身につけると気持ちが浮き立つ。単にユニーク・キッチュといったカテゴリに収まらない存在感は、まるで身につけるアート。彼女自身のパーソナルな魅力と相まって、彼女のジュエリーにはハッピーになる不思議な軽やかさがあるのです。

定番のパスタリング。季節に合わせてカラーを楽しみたい。

6年前、第2の故郷ともいえるデンマークでアイデアが生まれたというカリーナ定番のパスタリング。季節に合わせてカラーを楽しみたい。

今から14年ほど前に気がついたら独学でジュエリーを作っていたという彼女は、オリジナルのスタイルで活動。そして今現在のコレクションはすべて彼女自身によって手作業で行われています。ガラス玉・ビーズ・半貴石・プレシャスストーン・プラスチック・ゴム・リボン・フェルト…身近な素材から宝石まで、あらゆる素材を使い、アイデアとツールを組み合わせていきます。

面白いのは、彼女は変化することを恐れないということ。たとえば購入した後、自由にカットしたり、ワイアーのシェイプを変えたりして楽しんでもらうのが大好きだという。また、手作業にこだわっているわけでもなく、アイデアによっては最新テクノロジーが搭載された機械を使った作品作りも構想中だという。

カリーナが12年かけてコレクションした様々な半貴石やビーズを使ったブローチ。

14年かけてコレクションした様々な半貴石やビーズを使ったブローチ。すべて1点もの。

カリーナはアシスタントもプレスもつけず、広告展開をしていないので、ポーランドでも知る人ぞ知るといったブランド。それでも、この10年でポーランドのコスチュームジュエリー市場では確固たる地位を築いてきています。また、あるネックレスはポーランドの伝統を用いたものとして、ワルシャワの民族博物館(Ethnographic Museum Warsaw)にてパーマネントコレクションとして展示されています。

ポーランドのアーティスト、女優、シンガーの中にもカリーナの作品を身につける人は多く、撮影用のジュエリーや、アーティストから1点ものを制作、ファッション雑誌とのコラボアイテムなども請負っているカリーナ。マドンナやラナ・デル・レイといった国外のアーティストからもオーダーがあり、国外問わず注目を集めてきています。


人・旅・自然からインスピーレションをうける彼女は、スウェーデン、イスラエル、マケドニア、セルビア、アルバニア、クロアチア、ボスニア、そして大好きだというハンガリー、と長い休暇から戻ってきたばかり。細かなビーズや半貴石を使ったコレクションは、こういった旅先で歳月をかけ集められたものが贅沢に組み込まれています。身に見つけると幸せな気分になるカリーナのジュエリーから自由なエネルギーとスピリットを感じてみてください。

info:: 
Karina Krølak カリーナ クロラック公式サイト(PL)

商品やオーダーリクエストのお問い合わせはこちらから
参考価格:リング4,000円~、ネックレス8,000円~、ブローチ20,000円~。
現在カリーナの作品は日本で未発売のものばかりなので、ポーランドに訪れた時にはお土産にも最適です。ワルシャワ・プラガ地区のアトリエ訪問のアレンジも可能ですので気軽にお問い合わせください。

パスタリングは、現在東京・富ヶ谷のセレクトショップ「HERBPARIS」において一部取り扱いがあります。
詳細はこちらから。

(photo / ZPOLSKI)