カテゴリー別アーカイブ: PHOTOGRAPHY

zak

コンセプチュアルな静物写真:パヴェウ・ジャック(Paweł Żak)の個展が京都で開催中!

ポーランドの現代写真家、パヴェウ・ジャック(Paweł Żak)の個展「And Other Still Lifes…」がイムラアートギャラリー(京都府・川端丸太町)にて開催中。本展は、ワルシャワ・ライカギャラリー(Leica 6×7 Gallery Warszawa)がパートナーとなり、4月14日から5月13日まで開催される「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」のサテライトイベント<KG+2018>にも参加している。

And other still lifes series / Paweł Żak

And other still lifes series / Paweł Żak

中世のオランダの絵画の時代からポール・セザンヌといった近代絵画の巨匠まで多くの芸術家に影響を与えてきた静止した自然物、Still Life (静物画)というジャンル。現代静物写真のマスターともいわれる、パヴェウ・ジャックのStill Lifeシリーズでは、日常的なありふれたモノが細心の注意をもって白いテーブルクロスに配置され、またそこにある空間は重要な意味をもつ。

And other still lifes series / Paweł Żak

And other still lifes series / Paweł Żak

 写真は実物に近いスケールプリントされ、描かれた現実を観察することを可能にする。一連の作品では、日常のなかで見過ごしていたもの、一見すると静的に見えるなか、それぞれの物体がもつエネルギーを感じることができる。

「And Other Still Lifes…」パヴェウ・ジャック(Paweł Żak)
会期:2018年4月13日(金) ー 5月11日(金) 12:00-18:00   月曜・日曜・祝日は休廊
会場 イムラアートギャラリー
所在地:京都市左京区丸太町通川端東入東丸太町31 
キュレーター:Yuki Baumgarten
パートナー:Leica 6×7 Gallery Warszawa

 Paweł Żak パヴェウ・ジャック:1965年ワルシャワ生まれ。 ワルシャワ大学の社会科学部で学んだ後、ポズナンの美術アカデミーでマルチメディアコミュニケーション学部卒業。90年代初頭、Andrzej Zygmuntowiczのアシスタントを経て、広告写真を学ぶ。1988年にスイスにおける欧州写真コンクールにてグランプリを受賞した後、より芸術写真としてのシリーズを展開、現代までにポーランド国内のほか、欧州各国にて個展が開催されている。作品の一部はワルシャワ国立博物館、ワルシャワ現代美術センター、パリ国立図書館、ウッチ美術館等に所蔵されている。ポーランド芸術写真家協会(ZPAF))会員。more info


OVER#02 • OVER • 2016 • KK0008VR02K1©Kacper Kowalski

見たことのない冬景色。待望の新刊、空中写真家カツペル・コヴァルスキ『OVER』

20年以上前から空に魅せられ、パイロットの資格をもちパラグライダーを専門にパラモーターを駆使してポーランドの空の上から撮影し続けてきたカツペル・コヴァルスキ(Kacper Kowalski)。写真は全て無修正で俯瞰で撮影された風景は、特別な観光地ではなく、普段生活しているポーランドの故郷の郊外である。わたしたちに驚きの感情を与えた風景写真は2014年に『Side Effects』として刊行された。

今年11月に出版された新刊『OVER』では詩的な雪景色が収められている。冬のパラグライディングはテクニックを要し危険でもあり、費用もかかるが彼は冬景色に魅せられた。世界が雪で覆われたとき地上は白いキャンバスとなり、霧の中には水平線がなく、カツパルはかつてない可能性を感じ個人的な感情を取り入れた新しい表現を試みた。地平線を横切ることができる人にしか見えない視点が写しだされている。

 当時彼が撮影始めたころは、デジタルカメラもなくドローンもなかった。なにより自身が空を飛ぶことに夢中になり、風の味や香りを感じながら季節の移り変わりをカラダ全体で感じることで、そして数時間、空中で過ごすことで空気の一部になったような感覚を得たという。時は流れ、技術開発が進み、かつては無人だった空間にはドローンが飛びかうようになる。彼は未知の視界を伝える使命に疑問をもつが、最も厳しい気象条件、冬の空に戻ってきた。

OVER by Kacper Kowalski from FuriaFilm on Vimeo.

現在ウィーンでも『OVER』展が2018年1月31日まで開催中。初回エディションは800部、オンラインでも購入可能なのでぜひチェックしてみよう。
over_photobooks

Kacper Kowalski www.kacperkowalski.pl
OVER – a photo book
デザイン: Anna Nałęcka – Milach / Tapir Book Design
サイズ:235x310mm /98頁
ソフトカバー

ウィーンの<Anzenberger Gallery>でKacper Kowalski『OVER』展が開催中。
開催期間:2017年11月16日~2018年1月17日
(水曜~土曜日 午後1時~6時)
所在地:Brotfabrik Wien, Absberggasse 27, 1100 Vienna, Austria

関連リンク:カツペル・コヴァルスキ Kacper Kowalski 空中写真<Side Effects>


¥€$U$_pawel_jaszczuk_06

パヴェウ・ヤシュチュク Paweł Jaszczuk <¥€$U$(ジーザス)>

パヴェウ・ヤシュチュク Paweł Jaszczuk:ワルシャワ出身。オーストラリア・シドニー留学を経て、2004年ー2012年まで日本に滞在、現在はワルシャワ在住。東京での一連の活動は「Salaryman」(モレルブックス/イギリス)、「Kinky City」(Dienacht Publishing/ドイツ)、「Everything you do is a balloon」(Lieutenant Willsdorff出版/フランス)で見ることができる。

故郷に戻ってからの新しいシリーズ<¥€$U$(ジーザス)>では最も”ポーランド”なテーマ=イエス・キリストに取り組んだ。カトリック国家ともいえるポーランドは国民の90%以上がカトリック教徒といわれているが、このシリーズでは宗教観を問いているのではない。

¥€$U$_pawel_jaszczuk_15

偶然見つけた十字のポケットナイフが最初の一連のシリーズ作成のインスピレーションのきっかけに。

ジーザス、マリアーー宗教的なシンボルを施した様々なアイテム。そこには、精神的に”商業”が混在し「¥€$U$」というタイトルロゴで完全に表現されている。パヴェウは、数年間かけて世界中のeBay、Etsyや他オンラインショップを通じて、ジーザスに纏わるアイテム、とりわけグロテスクなものを買い集めていく。現代のポップカルチャーにおけるキリストを表現することで、積極的な資本主義の時代に「神聖なアイコン」の意味する疑問を提起。世界における宗教と資本主義の超現実的な結婚ーシュールな世界をつくりだしている。

現在ワルシャワのライカギャラリーにて個展「¥€$U$」が2017年12月3日まで開催中。

Paweł Jaszczuk「¥€$U$
開催期間:2017年10月28日〜12月3日(月〜土10:00-20:00 / 日12:00-18:00)
Leica 6×7 Gallery Warsaw 
Mysia 3 Street, 2nd floor
入場無料

more info http://paweljaszczuk.com
http://warsaw.leica-gallery.pl


weronika00

ヴェロニカ・ゲンシツカ WERONIKA GĘSICKA

ヴェロニカ・ゲンシツカ WERONIKA GĘSICKA:1984年ヴウォツワヴェク(Włocławek)出身。ワルシャワ在住。写真家・アーティスト。ヴェロニカはワルシャワの芸術アカデミーのグラフィックを専攻し、同時にワルシャワの写真アカデミーを卒業。

<Traces /痕跡>シリーズでは、1950年から60年代にかけてのアメリカの匿名のアーカイブ写真を歪ませることによって超現実的で不安定なイメージをつくりだした。 続きを読む


Aneta Grzeszykowska

過去・現在・未来へとつなぐ、写真考古学と現代アート「リビング・アーカイブス(Żywe archiwa)」

ポーランドの写真家、アーティストのコレクションの保管管理などを8年間続けている、写真考古学財団(Archaeology of Photography Foundation)によって開始された、写真の<アーカイブ>に焦点をあてたプロジェクト「Long Life for Photography」。ポーランドとノルウェーの写真の修復・復元や保存、アーキビスト、キュレーターやアーティストが集まり、過去の写真を維持しながら提示する新たなメソッドを模索し研究しています。 続きを読む


mainag

アンナ・グジェレヴスカ Anna Grzelewska 娘ユリアを被写体にした “Julia Wannabe(ユリア ワナビー)”

 アンナ・グジェレヴスカ  Anna Grzelewska:ワルシャワ出身・在住。写真家・ドキュメンタリー映画ディレクター。アンナはアンジェイ・ワイダの映画学校にてドキュメンタリーを学び、ワルシャワ大学で人類学を学んだ経歴をもつ写真家。彼女の娘ユリアを被写体にした「Julia Wannabe(ユリア ワナビー)」と題したプロジェクトは2006年より続いている(また今後も続いていく)。このシリーズでの目的は女の子が女に変わっていく瞬間に近づくこと。 続きを読む


photo:Leica Store Warszawa, Kraków

写真展「Araki i Jaszczuk」開催中!

写真家・荒木経惟(あらき・のぶよし)の 「Arakimania」と「Love by Leica」、ポーランド出身の写真家・パヴェウ・ヤシュチュク(Paweł Jaszczuk)の「Kinky City」この3つの展覧会で構成された写真展「Araki i Jaszczuk」が、ワルシャワのライカギャラリーにて開催中。 11月7日のベルニサージュには1500人以上の人々が例をなして詰めかけたことから人々の関心の高さが伺われました。 続きを読む


photo: Paweł Pierściński, "Morning Exercises I", 1970

ポーランド現代写真家のオークション開催! “UNCOVERING. The Body in Polish Photography”

photo: Tadeusz Rolke, "Untitled (Małgosia)", 1970

photo: Tadeusz Rolke, “Untitled (Małgosia)”, 1970

12回目を迎えるFOTOGRAFIA KOLEKCJONERSKA主宰による、ポーランド現代写真家の展示とオークションが始まります。ポーランド写真界の巨匠から現在活躍するポーランド写真家の中でも注目のアーティストが選ばれています。 続きを読む


krakow00

Krakow Photomonth Festival 2014

クラクフでも最も重要なアートイベントのひとつとして地位を確立している、クラクフ写真月間フェスティバル(Krakow Photomonth Festival 2014)が今年も始まりました。これから1ヶ月に渡り、クラクフ市内の各美術館やギャラリーではイベントに合わせて写真の企画展やワークショップ等が開催されます。 続きを読む