カテゴリー別アーカイブ: in POLAND

asakanomori_023

<セレブレーション-日本ポーランド現代美術展> 京都、ポズナン、シチェチンで!

日本とポーランドの国交樹立100周年を記念して、過去最大規模となる現代美術展<セレブレーション-日本ポーランド現代美術展-(CELEBRATION -Japanese – Polish Contemporary Art Exhibition -)>が京都、ポズナン、シチェチンの三都市にて開催される。

(top image)小泉明郎《私たちは未来の死者を弔う》2019
© Meiro Koizumi Courtesy of MUJIN-TO Production

複雑な歴史を背負い、時代に翻弄されながらも、優れた芸術を生み出してきたポーランド。それらは現代の若い世代にも受け継がれ、欧州内でも独特の感性をもつポーランドのアーティストたち。現代美術、工芸、グラフィックデザイン、映画の分野などでは、世界でも高い評価を得ている。異なる文化的背景をもつ、日本とポーランドだが、本展では日本とポーランドの若手中堅作家21組が参加。ポーランドと日本に共通してみられる感性的特質、季節や時代の移ろいを敏感に感じ取り、変化する姿に「もののあわれ」を感じ愛でる美意識に焦点を当て、現代社会を鋭く切り取る作品を紹介する。

©contact Gonzo

©contact Gonzo

 プロジェクトのひとつである、両国の作家が「生きた対話」を行い、日本とポーランドの作家による共同制作も含まれているのもとても大胆な試みだ。地理的な距離やコミュニケーションの問題、そして最終的には創造的な観点の相違による制限などを乗り越え、スタフ・シュムスキと川田知志は共同でシリーズ作品を制作。ウカシュ・スロヴィエツと笹岡由梨子は共同でワークショップを日本・ポーランド両国で実施する予定だ。

© 川田知志 + Stachu Szumski

© 川田知志 + Stachu Szumski

日程は5月18日から6月23日まで、京都では京都芸術センターや世界遺産の二条城など京都市内の4カ所の会場にて開催される。会期中は、出展作家のパフォーマンスや講演といったイベントが多く予定されているので、こちらでチェックしておきたい。5月30日からは、ポーランドのポズナン(ポーランド西部)、シチェチン(ポーランド北西部)にて開催される。これだけの作家が集まった展示会は京都でも、ポーランドでも見逃せない。ぜひこの貴重な機会をお見逃しなく!

Piotr Bujak 《花火》2019 © Piotr Bujak

Piotr Bujak 《花火》2019 © Piotr Bujak

 

セレブレーション-日本ポーランド現代美術展-
会期:2019年5月18日~6月23日
料金:無料

京都芸術センター
所在地:京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
開館時間:10:00~18:00(ギャラリー北・南 ~20:00)
休廊日:5月29日、6月12日(ギャラリー北・南は無休)

 ■ロームシアター京都
所在地:左京区岡崎最勝寺町13
開館時間:10:00~19:00
休廊日:5月29日、6月3日、6月12日

■ザ ターミナル キョウト
所在地:下京区新町通仏光寺下ル岩戸山町424
開館時間:10:00~18:00
休館日:無休

 ■二条城特別展示
日時:日時:2019年5月18日、19日、22日~26日 8:45~17:00(入城は閉館の1時間前まで)
会場:世界遺産・二条城
所在地:京都市中京区二条通堀川西入二条城町 541
料金:無料(要入城料)

キューレーター/ Curator
加須屋明子(Akiko Kasuya)
パヴェウ・パフチャレク(Paweł Pachciarek)

出展作家 / Artists  from Japan
contact Gonzo|コンタクトゴンゾ
東影智裕|Tomohiro Higashikage
hyslom|ヒスロム
今村遼佑|Ryosuke Imamura
石橋義正|Yoshimasa Ishibashi  + 安藤英由樹|Hideyuki Ando
川田知志|Satoshi Kawata
小泉明郎|Meiro Koizumi
松田壯統|Masanori Matsuda
岡本光博|OKAMOTO Mitsuhiro
笹岡由梨子|Yuriko Sasaoka
谷中佑輔|YuskeTaninaka
山本麻紀子|Makiko Yamamoto

出展作家 / Artists  from Poland
カロリナ・ブレグワ | Karolina Breguła 
アグニェシュカ・ブジェジャンスカ | Agnieszka Brzeżańska
ピョトル・ブヤク | Piotr Bujak
ダニエル・コニウシュ|Daniel Koniusz
ロベルト・クシミロフスキ | Robert Kuśmirowski
マリア・ロボダ | Maria Loboda
アリツィア・ロガルスカ | Alicja Rogalska
ウーカシュ・スロヴィエツ| Łukasz Surowiec
スタフ・シュムスキ | Stachu Szumski

主催:アダム・ミツキェヴィチ・インスティテュート、京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化 協会)、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団) 共催:京都市、京都市立芸術大学
助成:野村財団 協賛:Melody Tours
協力:文化庁地域創生本部、The Terminal Kyoto、ポーランド広報文化センター、Ujazdowski Castle Centre for Contemporary Art、Paradise AIR 、Avent Art Festival、東山 アーティスツ・プレイスメント・ サービス(HAPS)
後援:NPO 法人フォーラム・ポーランド組織委員会、日本ポーランド協会関西センター プロジェクトパートナー:University of the Arts Poznan、TRAFO Center for Contemporary Art


zory-16

日本の現代写真家11人がジョルィ(Żory)に集結

ポーランド南部、シロンスク県の町ジョルィ(Żory)にて毎年秋に開かれる写真フェスティバル <FESITIWAL FOTOGRAFII PLENER>。アート財団ジョリィのマレック・ヤン・カラシュ(Marek Jan Karaś)がディレクターとなり、キュレーターにポーランドの写真家パヴェウ・ヤシュチュク(Paweł Jaszczuk)を迎え今年は<プロヴォーク2.0 (PROVOKE 2.0)>と題し、日本の現代写真家11人に焦点あて開催されています。

本展タイトルにある<プロヴォーク(Provoke)>とは、1968年に創刊された写真同人誌。写真、エッセイ、詩で構成され「思想のための挑発的資料」といったサブタイトルにあるように、中平卓馬、高梨豊、多木浩二、岡田隆彦、森山大道といった作家による「プロヴォークの時代」は日本のみならず世界中の写真家に影響を与えました。本展は、プロヴォーク発行50周年を記念すると同時に、“breakthrough”をキーワードに50年の時を経て新たな時代を到来を予測させる国内外で活躍する日本の現代写真家たちを見出す試みです。これだけの日本人作家の写真が見られるのもポーランド国内では初となります。

メインの会場は、ジョルィの炎の博物館(Museum of Fire in Zory)と民族学博物館(Municipal Museum In Żory )と連携するギャラリーの4か所で展示。また会期中にはゲストスピーカーによる講演やワークショップ等も開かれています。(10月10日まで)

ジョルィは工業都市で知られるカトヴィチェ(Katowice)から約50キロほど離れた小さな町だが、シレジア地方で最も古い町ともいわれていて、美しい旧市街地がいまでも残っています。また、ジョルィは、ポーランド国内で最初に公共交通機関が全て無料という取り組みを最初に実施したという。奇しくも、民族博物館の別フロアのギャラリーでは日本のアイヌ文化を紹介する「アイヌの世界」展も開催中です(11月11日まで)。ポーランドで思いがけない日本のアートや文化にぜひ触れてみてください。

 FESITIWAL FOTOGRAFII PLENER
”プロヴォーク 2.0 -PROVOKE 2.0”

<出展作家>
赤鹿摩耶 Maya Akashika
うつ ゆみこ Yumiko Utsu
高橋勝 Masaru Takahashi
滝沢広 Hiroshi Takizawa
石川 和人 Kazuto Ishikawa
平澤賢治 Kenji Hirasawa
細倉真弓 Mayumi Hosokura
菅野 恒平 Kohey Kanno
白井晴幸 Haruyuki Shirai
宇田川直寛 Utagawa Naohiro
水谷 吉法 Yoshinori Muzutani

http://festiwalplener.zory.pl/

Museum of Fire in Żory 
Municipal Museum In Żory

主催 Fundacja Sztuka


ワルシャワの忘れられないパノラマ背景と”対話”する、ヴォイチェフ・ファンゴルの絵画

ポーランドのアーティスト、ヴォイチェフ・ファンゴル(Wojciech Fangor)の展覧会「FANGOR:Beyond the Visual Surface」がコスモポリタンのアパートの42階にて展示されている。

Paintings - icons by Wojciech Fangor photo by mat. Press releases

Paintings – icons by Wojciech Fangor photo by mat. Press releases

 ヴォイチェフ・ファンゴル(1922ー2015)は、20世紀を代表する有名なポーランドのアーティストの一人。1953年の彼のポスターデザインは、ポーランドのポスタデザインの歴史の転換点とも考えられ、“Polish School of Posters” の創設者のひとりでもある。絵画、図画、グラフィック、彫刻、空間、環境など、多くの表現方法を使って革新的な作品を制作。ポーランドだけでなく世界の芸術の先駆け者でもあり、1970年、ニューヨークのグッゲンハイム美術館で個展を開催した最初のポーランド人のアーティストでもある。現在、ヴォイチェフの作品はポーランドで非常に人気があり、世界市場でのアートコレクターも大きな関心を寄せているという。(昨年、彼の作品のうち4作品の価格は100万PLNを超えた)

Paintings - icons by Wojciech Fangor photo by mat. Press releases

Paintings – icons by Wojciech Fangor photo by mat. Press releases

今回の展示されるのは、すべて現代美術のプライベートコレクションーJankilevitsch Collectionから1960年代から1970年代までの多彩な抽象的な円、波、アモルファスの形で作られた絵画が集められた。ハイエンドなアパートメント・コスモポリタンの42階のフロアはユニークなギャラリースペースとして提供され、会場では360度にワルシャワのパノラマ風景が見渡せる。そこにフレームなしで提示された作品は垂直に配置され、また観客とともに、背景と空間が相互に作用する。これは、1958年にヴォイチェフは世界初の空間インスタレーション “The Study of Space”を作成ー60年前にアーティストが取り上げたこの画期的な試みからインスピレーションを得ている。

ガラスで覆われたファサードからは文化科学宮殿はもちろん、旧市街地からゾリボッシュ地区、ヴィスワ川や国立競技場までワルシャワが一望できるのも魅力的な会場。ぜひこの機会に訪れてみて。会期は5月26日から7月1日までの毎週土曜日と日曜日の午後2時から午後7時まで。(入場無料)

FANGOR:Beyond the Visual Surface

ヴォイチェフ・ファンゴル(Wojciech Fangor)
「FANGOR:Beyond the Visual Surface」

会期:2018年5月26日(土) ー 7月1日(日)
               毎週土曜・日曜日14:00-19:00   
会場 Cosmopolitan Twarda 4 http://www.apartamentycosmopolitan.pl/en/
所在地:ul. Twarda 4 , Warsaw, 00-105

 

 


photo by Monika Magdalena Zając

ポーランド南部・カトヴィチェ、建築デザインスポット8選

 ポーランドを代表する工業地域としても知られるポーランド南部のカトヴィチェ(Katowice)。かつては炭鉱の街として発展してきたことで、戦後の環境汚染が深刻な問題になったことも。その後、石炭の使用減少や公害の原因となる工場が閉鎖していくなかで徐々に改善。現在では観光都市・文化都市として進化しています。

高速列車ペンドリーノ(EIP)を利用すれば、ワルシャワからは約2時間半。カ トヴィチェの魅力のひとつが新旧の建築群です。EU資金の恩恵によりポーランド全土に文化施設が建てられているなか、カトヴィチェでも建築ラッシュが続きました。ここではバウハウス型モダニズム建築から現代建築まで、おすすめの建築スポット8つご紹介します。top photo by Monika Magdalena Zając

01 カトヴィチェ国際会議センター(Katowice International Conference Centre/ ICC)

photos via http://jems.pl/

ワルシャワを拠点とする建築家集団 JEMSによって2015年に建てられたカトヴィチェ国際会議センター(ICC)。傾斜面、屋根、階段、テラスは緑色で覆われています。自然とアバンギャルドを結びつけ、重工業で発展してきたカトヴィチェのイメージを柔らかく、未来を見下ろす新しい建築景観が生み出されました。 http://www.mckkatowice.pl/en/
所在地:plac Sławika i Antalla 1, 40-166 Katowice

02 シレジア美術館(Silesian Museum Katowice)

photo by Silesian Museum Katowice

1929年に設立されたシレジア美術館。戦後1986年に修復され、2007年より新館を建設プロジェクトが開始、2015年に完成。1999年に閉鎖された炭鉱の跡地に建設され、かつてのポストインダストリアルの風景を損なわないよう、建物はガラスキューブの構成のみ、代わりに地下13メートルまでの展示スペースがつくられました。鉱山シャフトのタワーのシルエットはシレジアの風景の特徴的なシンボル。
https://muzeumslaskie.pl/pl/
所在地:Tadeusza Dobrowolskiego, Katowice, Poland

03 スポデク(Spodek)

photo by Spodek

UFOのような形状から、フライングソーサー(空飛ぶ円盤)を指す<Spodek>(ポーランド語でソーサーを意味する)とつけられた多目的アリーナ複合施設。建築は1964年から始まり1971年に完成。カトヴィチェの象徴的な存在でもある建物です。
http://www.spodekkatowice.pl/
所在地:Spodek, aleja Korfantego 35, 40-005 Katowice

 04 ポーランド国立放送交響楽団(National Polish Radio Symphony Orchestra)

ポーランド国立放送交響楽団 photo by National Polish Radio Symphony Orchestra

ポーランド南部シレジア地方出身の建築家Tomasz Koniorによって2014年に完成。シレジアの伝統的な建築に由来した赤いレンガで覆われたオブジェクト。またこの形状により、優れた音響を備えた建物の中心にあるグランドコンサートホールは、建物の内にある建物として機能し、外部からの音は届かなくなります。
http://www.nospr.org.pl/en/
所在地:plac Wojciecha Kilara 1, 40-202 Katowice

05 スーパーユニット (Superjednostka・Superunit)

インディペンデント出版社Zupagrafikaから発売されている戦後モダニズム建築ペーパーカットコレクションより

世界で初めての巨大住宅建築といえば、ル・コルビュジエ(Le Corbusier)の作品のひとつユニテ・ダビタシオン(Unité d’Habitation)。60年代のポーランドにおいても多くの影響をあたえました。このポーランド最大のアパートメントはこのアイデアを拝借し建設は1967年にはじまり、1972年に完成。長さ187.5メートル、地上15メートル、地下200軒のガレージ。 762のアパートでは最大3千人まで住むことができます。

 ワイダスタジオにて制作されたショートフィルム<Superunit>


所在地:aleja Korfantego 24, 40-001 Katowice

06 CINiBA(Information Centre and Academic Library )

photo by Jakub Certowicz / CINiBA

ここでも使用されているシレジア地方特有の工場用の赤レンガ。ワルシャワのHS99スタジオによって2011年に建てられました。幾何学的に配置された4000もの垂直な窓により、昼光と夕暮れ後では異なる印象を与えます。
http://www.ciniba.edu.pl
所在地:Bankowa 11, Katowice, Poland

07 住宅地 Osiedle Tysiąclecia

中心地にそびえ立つトウモロコシ型のビル photo by Monika Magdalena Zając

 カトヴィチェの北西部にあるポーランド最大の集落。ポーランドの建築家であり都市計画者でもある著名なヘンリク・バススコ(Henryk Buszko)も開発チームの重要なひとりであり、最も有名な作品のひとつ。この大規模な開発は50年代後半から行われ、その中心地には80年代後半に建築されたトウモロコシ型のブロックビルが並ぶ。この開発地域にはカトヴィチェの人口の8%が住んでいるといわれています。
所在地:Osiedle Tysiąclecia

 08ーカトヴィチェの歴史地区 Nikiszowiec

photo by Monika Magdalena Zając

photo by Monika Magdalena Zając

カトヴィチェ南に位置するかつての鉱業地帯。1910年に炭鉱の労働者とその人々の家族のため、伝統的な建築様式に基づいて建てられた、レンガ造りの住宅地。2000年初期には、軽犯罪が起こるような少し危険な地域でしたが、2011年に歴史的モニュメントとして認められました。そして、いまでは古い街なみに魅了されたアーティストが集まりだし、多くの文化イベントが行われ、当時の面影を残しながら歴史を体感できるとして、観光客があつまるようになっています。

所在地:40-423 Nikiszowiec, Katowice, Poland


12132398_1076506329027801_5047493702568068737_o

ポーランド最大のデザインの祭典 ŁDF2015

毎年秋にウッジで開催される、恒例のデザインの祭典、ウッチ・デザイン・フェスティバル(ŁÓDŹ DESIGN FESTIVAL)が開催中です。 今年のメインタイトルは“CONSEQUENCES”。より加速していく現代社会のなかで、デザイナーはその変化に対応しながらプロダクトに反映させていきます。

続きを読む


WGW2015

ワルシャワ ギャラリー ウィークエンド 2015

ポーランドの現代アートシーンを短期間で巡ることができるイベント、ワルシャワ ギャラリー ウィークエンド 2015 (Warsaw Gallery Weekend 2015) が今日からスタート。ワルシャワの主要なギャラリーが今年も20以上参加しています。様々な世代から特に注目するポーランド現代アーティストの展覧会やパフォーマンス、ワークショップ等が繰り広げられます。 続きを読む


photo:Leica Store Warszawa, Kraków

写真展「Araki i Jaszczuk」開催中!

写真家・荒木経惟(あらき・のぶよし)の 「Arakimania」と「Love by Leica」、ポーランド出身の写真家・パヴェウ・ヤシュチュク(Paweł Jaszczuk)の「Kinky City」この3つの展覧会で構成された写真展「Araki i Jaszczuk」が、ワルシャワのライカギャラリーにて開催中。 11月7日のベルニサージュには1500人以上の人々が例をなして詰めかけたことから人々の関心の高さが伺われました。 続きを読む