カテゴリー別アーカイブ: NEWS

zak

コンセプチュアルな静物写真:パヴェウ・ジャック(Paweł Żak)の個展が京都で開催中!

ポーランドの現代写真家、パヴェウ・ジャック(Paweł Żak)の個展「And Other Still Lifes…」がイムラアートギャラリー(京都府・川端丸太町)にて開催中。本展は、ワルシャワ・ライカギャラリー(Leica 6×7 Gallery Warszawa)がパートナーとなり、4月14日から5月13日まで開催される「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」のサテライトイベント<KG+2018>にも参加している。

And other still lifes series / Paweł Żak

And other still lifes series / Paweł Żak

中世のオランダの絵画の時代からポール・セザンヌといった近代絵画の巨匠まで多くの芸術家に影響を与えてきた静止した自然物、Still Life (静物画)というジャンル。現代静物写真のマスターともいわれる、パヴェウ・ジャックのStill Lifeシリーズでは、日常的なありふれたモノが細心の注意をもって白いテーブルクロスに配置され、またそこにある空間は重要な意味をもつ。

And other still lifes series / Paweł Żak

And other still lifes series / Paweł Żak

 写真は実物に近いスケールプリントされ、描かれた現実を観察することを可能にする。一連の作品では、日常のなかで見過ごしていたもの、一見すると静的に見えるなか、それぞれの物体がもつエネルギーを感じることができる。

「And Other Still Lifes…」パヴェウ・ジャック(Paweł Żak)
会期:2018年4月13日(金) ー 5月11日(金) 12:00-18:00   月曜・日曜・祝日は休廊
会場 イムラアートギャラリー
所在地:京都市左京区丸太町通川端東入東丸太町31 
キュレーター:Yuki Baumgarten
パートナー:Leica 6×7 Gallery Warszawa

 Paweł Żak パヴェウ・ジャック:1965年ワルシャワ生まれ。 ワルシャワ大学の社会科学部で学んだ後、ポズナンの美術アカデミーでマルチメディアコミュニケーション学部卒業。90年代初頭、Andrzej Zygmuntowiczのアシスタントを経て、広告写真を学ぶ。1988年にスイスにおける欧州写真コンクールにてグランプリを受賞した後、より芸術写真としてのシリーズを展開、現代までにポーランド国内のほか、欧州各国にて個展が開催されている。作品の一部はワルシャワ国立博物館、ワルシャワ現代美術センター、パリ国立図書館、ウッチ美術館等に所蔵されている。ポーランド芸術写真家協会(ZPAF))会員。more info


imamuraryosuke

今村遼佑「くちなしとジャスミンのあいだに」

現代美術作家の今村遼佑さんは2016年夏から1年間、ポーラ美術振興財団の助成を受けてワルシャワに滞在。滞在中は国際的に活躍するポーランド作家のミロウワフ・バウカ(Mirosław Bałka)のゼミに通いグループ展に参加したり、ワルシャワ美術アカデミーの学生とのワークショップや、Arman Galstyan Galleryで二人展を行うなどしてきた。 続きを読む


polishfilm2017_01

名作から新作まで。今年も注目作が勢ぞろい「ポーランド映画祭2017」開催!

6年目を迎えるポーランド映画祭。今年は開催場所が東京都写真美術館ホールになり、巨匠たちの傑作から若手作家の最新作まで映画祭史上最大の作品数となり魅力的なラインナップが揃っています。 続きを読む


posterdesign

日本初・ロマン・チェシレヴィチの作品を一挙公開<鏡像への狂気>ギンザ・グラフィック・ギャラリー

ポーランドを代表するグラフィックデザイナー、ロマン・チェシレヴィチ(Roman Cieślewicz)。前衛的なグラフィックデザインの世界を切り開き、21世紀への引き金になった実験精神あふれる作品を一挙公開する<ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気>が5月15日(月)よりギンザ・グラフィック・ギャラリーにて開催される。 続きを読む


SAWREN

ポーランドランジェリーのセレクトショップ 「kobieta(コビエタ)」が銀座にオープン!

2016年3月31日にオープンしたばかりの銀座最大級の商業施設「東急プラザ銀座」。なかでも話題のファッションのセレクトストア「HINKA RINKA(ヒンカリンカ)」の3階に、ポーランドのブランドランジェリーを専門に取り扱う日本初となるショップ「kobieta(コビエタ)1号店がオープンしました。 続きを読む


© 2015 Laokoon Filmgroup

『サウルの息子』:決して逃げられないアウシュヴィッツの狂気

ナチスドイツの収容所には、囚人によって構成される「ゾンダーコマンド」という特殊任務の部隊があった。他の囚人と引き離され、限られた範囲内での行動の自由も許されていた彼らの役目は、移送されてきたユダヤ人たちを安心してガス室に送り込むこと。 続きを読む


わたしたちの呪縛 ©WARSAW FILM SCHOOL

11月はポーランドの月、「ポーランド映画祭2015」も開催!

今年は『イーダ』がアカデミー賞外国語映画賞を受賞し、ポーランド映画史上初の快挙を成し遂げたのは記憶に新しいところ。数々の名作を生み出してきたアンジェイ・ワイダや、イエジー・スコリモフスキ、ロマン・ポランスキーだけでなく、いま多くの若手作家が勢いづいているポーランド映画界。 続きを読む