タグ別アーカイブ: Paweł Żak

zak

コンセプチュアルな静物写真:パヴェウ・ジャック(Paweł Żak)の個展が京都で開催中!

ポーランドの現代写真家、パヴェウ・ジャック(Paweł Żak)の個展「And Other Still Lifes…」がイムラアートギャラリー(京都府・川端丸太町)にて開催中。本展は、ワルシャワ・ライカギャラリー(Leica 6×7 Gallery Warszawa)がパートナーとなり、4月14日から5月13日まで開催される「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」のサテライトイベント<KG+2018>にも参加している。

And other still lifes series / Paweł Żak

And other still lifes series / Paweł Żak

中世のオランダの絵画の時代からポール・セザンヌといった近代絵画の巨匠まで多くの芸術家に影響を与えてきた静止した自然物、Still Life (静物画)というジャンル。現代静物写真のマスターともいわれる、パヴェウ・ジャックのStill Lifeシリーズでは、日常的なありふれたモノが細心の注意をもって白いテーブルクロスに配置され、またそこにある空間は重要な意味をもつ。

And other still lifes series / Paweł Żak

And other still lifes series / Paweł Żak

 写真は実物に近いスケールプリントされ、描かれた現実を観察することを可能にする。一連の作品では、日常のなかで見過ごしていたもの、一見すると静的に見えるなか、それぞれの物体がもつエネルギーを感じることができる。

「And Other Still Lifes…」パヴェウ・ジャック(Paweł Żak)
会期:2018年4月13日(金) ー 5月11日(金) 12:00-18:00   月曜・日曜・祝日は休廊
会場 イムラアートギャラリー
所在地:京都市左京区丸太町通川端東入東丸太町31 
キュレーター:Yuki Baumgarten
パートナー:Leica 6×7 Gallery Warszawa

 Paweł Żak パヴェウ・ジャック:1965年ワルシャワ生まれ。 ワルシャワ大学の社会科学部で学んだ後、ポズナンの美術アカデミーでマルチメディアコミュニケーション学部卒業。90年代初頭、Andrzej Zygmuntowiczのアシスタントを経て、広告写真を学ぶ。1988年にスイスにおける欧州写真コンクールにてグランプリを受賞した後、より芸術写真としてのシリーズを展開、現代までにポーランド国内のほか、欧州各国にて個展が開催されている。作品の一部はワルシャワ国立博物館、ワルシャワ現代美術センター、パリ国立図書館、ウッチ美術館等に所蔵されている。ポーランド芸術写真家協会(ZPAF))会員。more info