カテゴリー別アーカイブ: ART & DESIGN

krakow00

Krakow Photomonth Festival 2014

クラクフでも最も重要なアートイベントのひとつとして地位を確立している、クラクフ写真月間フェスティバル(Krakow Photomonth Festival 2014)が今年も始まりました。これから1ヶ月に渡り、クラクフ市内の各美術館やギャラリーではイベントに合わせて写真の企画展やワークショップ等が開催されます。 続きを読む


Kacper Kowalski, EFEKTY UBOCZNE/SIDE EFFECTS

カツペル・コヴァルスキ Kacper Kowalski 空中写真<Side Effects>

カツペル・コヴァルスキ Kacper Kowalski :1977年、グダニスク生まれ。グディニャ在住。パイロットでもある空中写真家。グダニスクの工科大学にて建築を学び、建築家を経タ後、飛行と写真に専念する。ポーランドの農村地帯から都市で多くの航空写真を撮影。世界で多くの写真賞を受賞し、2013年からはウィーンのAnzenberger Galleryに所属。more info

カツペル・コヴァルスキは世界の空中写真家のなかでも最も注目されている写真家のひとり。今年、初の写真集「Side Effects」が出版された。

20年前からパラグライダーを初め、空を飛ぶこと魅せられたかつパルは自宅から半径80km以内の故郷の風景を空の上から撮影し、まるで絵画のような魅力的な作品をつくりだした。「飛ばずにはいられない」という彼が見せる光景は、私たちが経験したことのない風景がひろがる。

“Side Effects” – photo book
project curator: Agnieszka Jacobson-Cielecka
graphic design: Edgar Bąk
publisher: Rafał Łochowski
first edition, Warsaw 2014

Kacper Kowalski, EFEKTY UBOCZNE/SIDE EFFECTS

Kacper Kowalski, EFEKTY UBOCZNE/SIDE EFFECTS

size: 33.5 x 23 cm
no. of Pages: 132
language: English + Polish
edition: 1000
cover: hard
Leica STORE
Leica Gallery Warsaw

 


fotwirkus

Flats and houses architects 2014

ワルシャワにある歴史的建造物で普段はプライベートな空間であるフラットや家が期間限定で一般公開! 異なる歴史的背景をもち、それぞれにストーリーがある建築物。多様な様式を組みあわせたエクレクティックなインテリア。タイムイズクリエイションが随時見られる、建造物に施されたコンテンポラリーなデザイン空間を目にすることができる貴重な機会になっています。

続きを読む


aleksandratop

Aleksandra Waliszewska

アレクサンドラ・ヴァリシェフスカ Aleksandra Waliszewska :1976年、ポーランド・ワルシャワ生まれ :絵画・デッサン・版画・イラストレーション :可憐な少女、不気味な少女、野生の動物や悪魔のような生き物。幻想的なファンタジーとホラーコミック。性犯罪への嫌悪も感じる。ポーランド国内だけでなくヨーロッパでも多く評価されカルト的人気をもつアーティスト。
>>> waliszewska


polish

ポーランドのイラストレーションがベルリンに集結!

ビジュアルアートの祭典がベルリンで始まりました。世界中から200以上のイラストレーター、グラフィックアーティストの最新の作品が展示されます。今回のフェスティバルでのメインはポーランドアーティスト。イラストレーターのアガタ・ノヴィチカ(Agata Nowicka(STGU))と、ポーランドにてILLO財団を運営するマリア・ザレスカ(Maria Zaleska )がキュレーションした”Where I come from”が展示されます。 続きを読む


ewa00

Ewa Juszkiewicz

エヴァ・ユシュケヴィッチ Ewa Juszkiewicz :1984年、ポーランド・グダンスク出身 :絵画・デッサン・インスタレーション・アニメーション :奇妙にゆがんだ肖像画、奇妙なマスクや怪奇なフォルムに変形した顔は仮面舞踏会に迷いこんでしまったかのよう。人間の心の奥に潜む内側の部分をグロテスクに描き、最新作では古典的な絵画やデッサンを再解釈している。


freetime

FREE TIME. PHOTOGRAPHS / 自由時間

写真家が撮影する公式の報道写真については政府や警察がコントロールしていた、ポーランドの共産主義時代。興味深い展覧会、<FREE TIME. PHOTOGRAPHS>がザヘンタにて開催中です。展覧会ではキャリアの大半をPRL(Polska Rzeczpospolita lidowa/以前の国名であるポーランド人民共和国)のために費やした6人の写真家の政府非公式ポートレートを紹介しています。
続きを読む


image_gallery copy 2

Monomokaの家具

主にリネン、ウール、コットンで編んだ腰掛けやオットマンで知られるデザイン集団「Monomoka」。双子の姉妹のモニカ(Monika)、カタジェナ(Katarzyna)・グヴィアドヴスカ(Gwiazdowska)により結成され、2008年にはピヨトル・サラドラ(Piotr Saladra)が加わったデザイン集団。
続きを読む