polskistol 4

伝統工芸の新たな一歩「ポーランドのテーブル(Polski Stół )」

日本でも人気の高いボレスワヴィエツ陶器のマニュファクトラ(Manufaktura Boleslawiec) 、180年の歴史をもち大手磁器メーカーのクリストフ社(Porcelana Kristoff)、老舗ガラスメーカーのユリア社(Huta Julia Piechowice)の3社共同のプロジェクト「ポーランドのテーブル (Polski Stół)」が発足しました。

続きを読む

わたしたちの呪縛 ©WARSAW FILM SCHOOL

11月はポーランドの月、「ポーランド映画祭2015」も開催!

今年は『イーダ』がアカデミー賞外国語映画賞を受賞し、ポーランド映画史上初の快挙を成し遂げたのは記憶に新しいところ。数々の名作を生み出してきたアンジェイ・ワイダや、イエジー・スコリモフスキ、ロマン・ポランスキーだけでなく、いま多くの若手作家が勢いづいているポーランド映画界。 続きを読む


IMG_3481 (1)

Karina Krølak カリーナ クロラックのジュエリーでもっと自由に

カリーナ クロラック(Karina Krølak)のジュエリーを身につけると気持ちが浮き立つ。単にユニーク・キッチュといったカテゴリに収まらない存在感は、まるで身につけるアート。彼女自身のパーソナルな魅力と相まって、彼女のジュエリーにはハッピーになる不思議な軽やかさがあるのです。

続きを読む


12132398_1076506329027801_5047493702568068737_o

ポーランド最大のデザインの祭典 ŁDF2015

毎年秋にウッジで開催される、恒例のデザインの祭典、ウッチ・デザイン・フェスティバル(ŁÓDŹ DESIGN FESTIVAL)が開催中です。 今年のメインタイトルは“CONSEQUENCES”。より加速していく現代社会のなかで、デザイナーはその変化に対応しながらプロダクトに反映させていきます。

続きを読む


IMG_7486 (1)

ポーランド南西部 ② ミネラルピクニック・世界遺産の宿・エコヴィレッジ

訪れるたびにもっと知りたくなる、ポーランド南西部のドルヌィ・シロンスク地方。ドイツ東部からポーランド南部、そしてチェコまで広がるスデティ山脈でのトレッキングや冬のスキー。メノウやアメジストなどのミネラルも豊富なので、天然鉱石をめぐるミネラルピクニックなど尽きない魅力がたっぷり。 続きを読む


WGW2015

ワルシャワ ギャラリー ウィークエンド 2015

ポーランドの現代アートシーンを短期間で巡ることができるイベント、ワルシャワ ギャラリー ウィークエンド 2015 (Warsaw Gallery Weekend 2015) が今日からスタート。ワルシャワの主要なギャラリーが今年も20以上参加しています。様々な世代から特に注目するポーランド現代アーティストの展覧会やパフォーマンス、ワークショップ等が繰り広げられます。 続きを読む


cover photo / ©Anna Grzelewska, UNTITLED from series Julia Wannabe

EVENT:FOUND NEW POLSKA _ Z POLSKI WEEK END IN TOKYO #01

7月24日(金)、25日(土)、東京・富ヶ谷「HERBPARIS」にてポーランド発信アートイベント・ポップアップストアを期間限定で開催!

ポーランドの次世代デザイナー・アーティストが繰り広げるファンタスティックで魅力あふれる世界。ウキウキするハンドメイドのプロダクト、インスパイアされるグラフィックデザイン、写真・作品を展示。ほとんどのアーティストは日本では初めてとなるプレゼンテーションです。「Z POLSKI」がセレクトした様々な分野のアーティストたちをぜひご覧ください。

続きを読む


イマジン メイン

『イマジン』:目をつむり耳をすませば、見えてくる別の世界

映画の最初は、闇の中にぼやーっと白いものが見えるだけ。聞こえるのは小鳥の声と犬の荒い息。近くに道路では車が行き交う音もする。やがてピントが合ってくる。そこは白い壁に囲まれた中庭で、黒いドアの隙間に犬が鼻を突っ込んでくんくん嗅いでいる。現れた管理人がドアを開けると、サングラスをかけた若い男。「ノックをすればいいのに」と言われると、彼は盲目なのに「誰もいなかったから」と少し得意げに言う。この物語の主人公・イアンである。

続きを読む


real culture in Poland