カテゴリー別アーカイブ: ART & DESIGN

posterdesign

日本初・ロマン・チェシレヴィチの作品を一挙公開<鏡像への狂気>ギンザ・グラフィック・ギャラリー

ポーランドを代表するグラフィックデザイナー、ロマン・チェシレヴィチ(Roman Cieślewicz)。前衛的なグラフィックデザインの世界を切り開き、21世紀への引き金になった実験精神あふれる作品を一挙公開する<ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気>が5月15日(月)よりギンザ・グラフィック・ギャラリーにて開催される。 続きを読む


lrs_nero_2

ワルシャワ発・グリナシュ スタジオ(Grynasz Studio )による 職人×デザイナー Elements展 Tokyo Design Week 2016

東京デザインウィークのメインテント・Creative Life内にてポーランドのデザインスタジオによる展示会、《”Elements”  an exhibition of Grynasz Studio design》が11月2日~7日まで開催されます。 続きを読む


kultowe-formy

老舗クリスタルガラスJulia(ユリア)の新たな実験 デザイン&プロセス

クリスタルガラスの製造の地で知られるポーランド南西部ドルヌィ・シロンスクにて、創業150年の歴史をもつ老舗クリスタルガラスメーカーJulia(ユリア)社。シレジア地方特有の複雑な歴史のなか柔軟性をもちながら、素晴らしいガラス製造の伝統を築きあげています。
続きを読む


ewatop

失われたアートの復活ーエヴァ・ユシュケヴィッチ(Ewa Juszkiewicz)の新作

奇妙なマスクや歪んだ顔、19世紀の古典的な宮廷肖像画を再解釈し、一度みたら忘れられない独特の肖像画シリーズが記憶に新しい、エヴァ・ユシュケヴィッチ(Ewa Juszkiewicz)

ワルシャワのギャラリーlokal_30にて開催中のグループ展’”Gauguin’s Syndrome(ゴーギャン症候群)”では、エヴァ・ユシュケヴィッチの新しいシリーズーー戦争中に盗まれた、もしくは焼失され行方不明となった芸術作品のアーカイブ写真を基に描かれたーー作品をみることができる。 続きを読む


nichts magazin top

新アートマガジン、”Nichts Magazine” 51人のアーティストによる65のアートワーク全72ページ、オンラインで公開

ポーランド発の新しいアートマガジン”Nichts Magazin(ニッツ マガジン)”の第一弾がオンラインにて無料公開されました。ポーランドのアーティストを中心に、52人のアーティストが参加しています。


テキストはあえてアーティスト名と作品タイトルといったようにごくわずかな情報しか与えられません。発行者はアート、グラフィック、印刷業界を専門に活動する人々からなる謎めいた集団、Nichts Gruppe(ニッツ グルッペ)。任意の機関や政府の支援なしで、あくまでもアーティストと編集者による自由な創造に基づきながら制作され、作品に対する批評や経歴、概要などをあえて排除しています。

現在、印刷バージョンの制作を進めているなか、”Nichts Magazin #2”の発表もまもなくとのこと。まずは第一弾をご覧ください。前回のギャラリーにてご紹介したアガタ・クスの作品も掲載されています。

info:
nichtsma​​gazin.pl


Aneta Grzeszykowska

過去・現在・未来へとつなぐ、写真考古学と現代アート「リビング・アーカイブス(Żywe archiwa)」

ポーランドの写真家、アーティストのコレクションの保管管理などを8年間続けている、写真考古学財団(Archaeology of Photography Foundation)によって開始された、写真の<アーカイブ>に焦点をあてたプロジェクト「Long Life for Photography」。ポーランドとノルウェーの写真の修復・復元や保存、アーキビスト、キュレーターやアーティストが集まり、過去の写真を維持しながら提示する新たなメソッドを模索し研究しています。 続きを読む